Thinkpad8でkindleを読む(VirtualHost設定編)

Thinkpad8(Windowsタブレット)で

kindleを読む為に、

Thinkpad8にAndroidエミュレータの

GENYMOTION EMULATORをインストールします。

今回はそのAndoroid バーチャルホストの設定編です

バーチャルホスト設定手順

  1. Andoroid SDKのパス設定
  2. バーチャルホストのインストール
  3. Genymotion-ARM-Translationをコピー
  4. Google Apps for Androidをコピー

Andoroid SDKのパス設定

  • GENYMOTION アイコンをクリックしを起動します

image

  • GENYMOTION メニューの”Setthing”を選択します

01

  • ”ADB”タブを選択し、”Use cusstom Andoroid SDK tools”の欄に、前回の手順でAndoroid SDKを展開したパスを指定してOKをします。

02

  • 次にGENYMOTION メニューの”Add”を選択します

03

  • 今回は【Google Nexus7 Ver 4.2.2】をインストールしますので、その条件に合わせてバーチャルホストを選択して”Connect”を選択します

※Nexus7 Ver 4.3,Ver4.4を試したところ動作が不安定だったため、今回はVer4.2.2をインストールしています。

04

06

  • バーチャルホスト(Google Nexus7)を選択して”NEXT”を選択

07

  • バーチャルホストがインストールされます。

Genymotion-ARM-Translationをコピー

  • インストール完了後、”バーチャルホスト(Nexus7)→Play”と選択します。

08

  • バーチャルホストの起動後、前々回(準備編)の手順05でダウンロードしたパッケージをバーチャルホストの画面にドロップします。

09

  • コピー確認画面で”OK”を選択します

13

  • コピー完了後、バーチャルホストを再起動します

11

Google Apps for Androidをコピー

  • 再度、”バーチャルホスト(Nexus7)→Play”と選択します。

08

  • バーチャルホストの起動後、前々回(準備編)の手順09でダウンロードしたパッケージをバーチャルホストの画面にドロップします。

12

  • コピー確認画面で”OK”を選択します

13

  • コピー完了後、バーチャルホストを再起動します14

まとめ

上記の手順までで、Thinkpad8にNexus7のインストールが完了しました。

この後は通常のAndoroidの設定となります。

詳しくはまた次回はご紹介致します。

なお、本記事は2014年5月の状況下で作成をしたものです

Thinkpad8にオススメのアイテム

■どこでもWindowsが使えるオススメの機種です。

■折りたたみキーボードとは思わせない、心地良い入力感

■Windows8 タブレットとの相性は抜群な Bluetoothマウス

■Thinkpad8をCafeなどで使う場合はBluetoothが便利

■Thinkpad8でUSB機器を利用するときにUSB3.0 を利用できます

■Thinkpad8の画面をHDMIで外部ディスプレイにきれいに出力できます


■Thinkpad8と関連の小物を入れるのに ちょうどいい サイズ

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG