CATEGORY 知的生産の技術

知的生産の技術とは

『知的生産の技術』は 昭和44年に出版された 梅棹 忠夫氏の著書

『知的生産の技術』では産業は工業からその為に必要な知的生産の技術を書かれている。

知的生産とは、既存の情報(原材料)に新たな情報要素を加えて(加工)新しい情報(新しい形)をつくること。

このプロセスは工業製品の物を作るときも家で料理を作るときも何も変わらない。

ただ、1つ異なる点は、情報は物質や味覚として感じられないこと。目にみえない 情報 を頭の中で、加工しようとしても、なかなか難しい。

知的生産の道具

何かを生産するためには、その為の道具や考え方が必用になります。情報化時代の現代に必用な、知的生産の技術を紹介していきます。