メンタルサポート

心にゆとりがもてない・・・情報化時代

心理カウンセラー 関口剛史

SORAのホームページをご覧いただきありがとうござます。

ITサポートSORAの関口剛史と申します。

いきなりですが、あなたの職場では、誰かに何かを相談するゆとりはありますか?

私がITエンジニアとして働いていたころ、会社のIT化が進めば業務が効率化され、1人ひとりがゆとりもって仕事ができるようになると言われていました。

しかし、実際のところはどうでしょうか?

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つようになりましたが、その結果、業務の効率化を更に求められ、私たちはリアルタイムに届く膨大な情報に追われるようになりました。

SNSでつながってはいるけど、本当の気持ちを素直に話せる人が周りにいない。

職場内のコミュニケーションはメールやSNSに変わり、上司や同僚とゆっくり会話する機会もない。

少ない人員、上司も同僚も忙しそうに仕事をしているなかで、自分の悩みや問題を相談することも難しい。

「うつ病」が多い社会背景には、膨大な情報のなかで、1人ひとりの心にゆとりがなく、人に相談できる環境が少ないからのではないでしょうか?

私は仕事のストレスからうつ病を患いました。

私がうつ病になった当時のことを振り返ると、大きなストレスを感じ心に深い悩みため込む前に、自分の悩みを誰かに相談をして、思考と心を整理して軽くすることができていれば、うつ病にはならなかったと思います。

きっと、当時の私と同じようなことで悩まれている方も多いのではないでしょうか。

ITサポートSORAでは、メンタルサポートの「心理カウンセリング空」を行なっております。

心理カウンセリング空では、ただ話を聞くだけのカウンセリングではなく、お客様との対話をとおしてその悩みの解決に向けて、再び前向きな気持ちと考え方になるところまでサポートしておりまので、1回のカウンセリングだけでも思考と心の変化を実感できます。

当店の心理カウンセリングを受けたお客様からは「心理カウンセリングを受けて、辛い気持ちモヤモヤがスッキリとしました。」とのご感想をいただいおります。

最近心が疲れている、日々の気持ちが落ち込んでやる気がでない、職場のコミュニケーションがうまくいかない、など悩みやストレスに感じていることをご相談ください。

心理カウンセリングを終える頃には、心が軽くなり前向きな気持ちなっていることを実感できると思います。

詳しくは「心理カウンセリング空」のホームページをご覧ください。