ITサポート SORAについて

お客様の「困った!」を解決し「やってみたい!」をサポートします。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。ITサポートSORAの関口剛史と申します。

ITサポートSORAは、埼玉県ふじみ野市を中心に、パソコンやスマホ・IT全般のサポート事業を行なっております。

情報化社会の現代では、誰もがパソコンやスマホなどが使えることが前提の社会になりました。

LINEでのコミュニケーション、インターネットでのショッピング、公的機関の手続きもITを使えれば待ち時間なしでスムーズに申請ができる時代です。

しかし、その一方でデジタルデバイド(情報格差)も広がっています。

私は10年以上、企業の情報システム部門にてネットワークシステムの構築・保守、情報セキュリティー対策、パソコンの使い方の説明からパソコントラブル時の対応等、ITに関する幅広い業務を担当してきました。

その頃から、私にはある思いがありました。

パソコンやスマホなど、ITを使う人に寄り添ったサポートがないことです。

例えば、パソコンでトラブルが起きたとき、パソコンメーカーのサポートセンターに電話しようと思っても、サポートセンターの電話番号が見つからなかったり、パソコンの不具合状況をオペレーターに伝えても「パソコンには問題ありません」と言われてしまう。

パソコンが使えなくて困っているのに、パソコントラブルのことしかサポートしてくれない。

新しくスマホに買換えても、基本的な操作方法がわかない。携帯ショップに聞きに行ったら「60分待ちです」と言われてしまい、毎月高い通信料を支払っていても、スマホでも電話とメールしか使えない。

「スマホに変えなければよかった・・・」と後悔をしてしまう。

パソコンやスマホの使い方がわからなくて困っているのに、パソコンやスマホという道具のサポートばかりで、本当に困っているお客様自身のことを誰もサポートしていない。

また、最近は「わからない」ことをいいことに、過剰なITサービスに契約させられるケースが非常に多いです。

例えば、本当は1GB/月プランで十分なのに20GB/月の高額スマホプランを契約させられたり、タブレット本体代無料と称して3年間の長期契約をさせられたり、メリットばかりの説明で契約したITサポートを解約しようとしたら多額の解約料が請求されてしまう。

これがITサポートの現状だと思います。

ITシステムはこれからもどんどん進歩していきます。そして、色々な物やサービスがネットワークがつながりはじめ、パソコンやスマホなどのITシステムが使えないと不便な社会になっていき、更にデジタルデバイド(情報格差)も広がります。

これから情報化社会で必要なことは、誰もが安心してITシステムを使えるようになることであり、使う人に寄り添ったITサポートではないでしょうか。

ITサポート SORA では、お客様の「困った!」を解決し、これから「やってみたい!」ことを一人ひとりに寄り添いながらサポートします。「ネットワークスペシャリスト」の確かな技術力とわかりやすいコミュニケーションで親切丁寧にITライフをサポートをしていきます。

自己紹介

私が担当します。

ITサポートSORA(ソラ)

代表 関口 剛史
   Sekiguchi Takeshi

・保有資格

【国家資格】
・ネットワークスペシャリスト
・情報セキュリティーアドミニストレーター

【民間資格】
・.NTTコミュニケーションズ .com Masuter ☆☆
・日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー
・日商簿記検定試験3級