Surface Pro3 ドッキングステーション レビュー

先日マイクロソフトよりSurface 3が発表されましたね。

私は、昨年7月に発売間もないSurface Pro3を購入しましたので、

Surface Pro3を使用してからもうすぐで1年を過ぎようとしています。

 

Surface Pro3を1年間利用し続けて思うことは、

もう他のパソコンには戻れないと思える程、

便利に快適に使える必須アイテムとなっています。

ただ、それでもSurface Pro3が完璧なアイテムではなかったので、

Surface Pro3をより完璧なアイテムにするべく

ドッキングステーションを購入しましたので、

今回はドッキングステーションのレビューをします。

 

Surface Pro3に不便を感じたところ

Surface Pro3(以下 Surface)は12インチ画面に800gというコンパクト設計のおかげで、

いつでもどこでも気兼ねなく持ち運ぶことができるタブレット型パソコンです。

ただ、その気軽に持ち運べるようになった反面に、

ノートパソコンではあたりまえだった機能が削られていたり、

気軽に持ち運びたいと思うから不便を感じることがありました。

【有線LANが使えない】

Surface はタブレット型パソコンという思想のため、

タブレットには有線LANをつなげることができません。

無線LANがあたりまえの時代になっているので、

有線LANが無くても困ることはないのですが、

ただ、通信トラフィックを考えると通信に無駄が生じてしまうことがあります。

 

私の自宅では、無線LANアクセスポイントの親機がリビングに置かれ、

パソコン機器を使う部屋は、無線LAN子機と接続されています。

Surfaceをリビングで使う分には問題ありません。

20150526_1

しかし、Surfaceをパソコン部屋で使おうとすると、

リビングにある離れた無線LAN親機と通信する必要があります。

この構成で、Surfaceがパソコン部屋にあるNAS(LANディスク)やプリンタに接続すると

リビングにある無線LAN親機を中継することになり、通信に無駄が生じます。

20150526_2

また無線LANの通信速度は54MBで有線LAN1GBとなりますので、通信速度も遅くなります。

 

【miniディスプレイアダプタとオーディオプラグの抜き差し】

SurfaceにはMini DisplayPortがあるため、

外部ディスプレイをセカンドディスプレイとして使うことができます。

20150525_3

パソコン部屋でSurfaceを使うときはセカンドディスプレイを使うのですが、

Surfaceを移動させる都度、Miniディスプレイのコードを抜き差し続けると

いつかSurface側のポートが壊れるのではないか?と不安に感じていました。

20150525_4

また、気軽に持ち運べるSurfaceだからこそ、持ち運ぶ都度に

Miniディスプレイコードやオーディオコードを抜き差しするのが面倒に感じていました。

 

【バスパワーUSBの電圧不足】

Surface本体にはフルサイズのUSB3.0ポートが1つ付いているのですが、

でも、このSurface本体のUSBポートでバスパワー対応のDVDドライブなどを使うと

電圧不足が生じて、パスパワーの機器をまともに使うことができませんでした。

20141129_063719

まあ、ネットワークが高速化した現代では、

USB機器を外出先で使う機会はあまりないのですが、

でも、自宅でCDを取り込んだり、DVDにデータをコピーするときなど

USBのバスパワー機器を使用することがゼロではないので、

USBバスパワーの電圧不足に不便を感じることが何度かありました。

 

ドッキングステーションの値上げ

上記のSurfaceの問題は、Surfaceを気軽に持ち運べるようにした結果の反作用です。

私自身はSurfaceに求めたのが”気軽に持ち運べること”だったので、

購入当初は、Surfaceのその問題を受け入れていたのですが、

自宅でもSurfaceをメインパソコンとして使うようになってから、

その問題に不便を感じるようになっており、

ドッキングステーションの購入を考えていたのですが、

定価2万円という高値に購入をためらったいました。

 

がしかし、マイクロソフトは6月1日より

Surface Pro3関連の全てをを値上げするとのこと。

ドッキングステーションは下記の値上げ

20150527_8

これからもSurfaceを使用していくので思い切って購入しました。

 

タブレットの問題を解消するドッキングステーション

先日届いたドッキングステーションをSurfaceにセッティングしました。

20150527_2

ドッキングステーションをセッティングして思った感想は、

この製品があるとタブレットとノートパソコンの両立が出来るということ。

 

まず、ドッキングステーションには有線LANポートがあるので、

これでパソコン部屋でNSAに1GBで接続できるようになりました。

20150526_3

また、Miniディスプレイポート・USBポート・オーディオプラグも

すべてドッキングステーションにつないでおき、

Surfaceをドッキングステーションを接続すれば

自動的にSurface上で機器が認識されます。

20150527_5

しかも、Surfaceとドッキングステーションの接続コネクタは

Surface右側のひとつのみで差し込む力も必要なくワンタッチで簡単にできます。

20150527_6

 

私はドッキングステーションに下記の機器を接続しています。

【USBポート】
・ScanSnap(スキャナー)
・DVDドライブ

【オーディオプラグ】
・外部スピーカー

【Miniディスプレイポート】
・外部ディスプレイ

【有線LAN】
・パソコン部屋内のLAN

 

ドッキングステーションの問題点

Surfaceのドッキングステーションはとってもいいアイテムですが、

ひとつだけ問題点があります。それは、画面角度が浅くなること

20150527_2

 

ドッキングステーションにSurfaceをセッティングすると画面角度が固定になります。

その画面角度が、私には浅く(直立過ぎ)でもう少し傾けたい感じになります。

 

そのために、ドッキングステーションの下の小さな台をつけて、

若干の傾きを角度を深くするようにしました。

20150527_7

 

見た目は美しくないですが、Surfaceの使い勝手は飛躍的に向上しました。

 

まとめ

Surface Prp3の売り文句は”これさえあればなにもいらない”です。

もしかして、これさえの”これ”とはドッキングステーションの事ではないか?と

錯覚してしまうぐらいにSurfaceにドッキングステーションは必須アイテムです。

 

帯に長し襷に短し

 

Surfaceのドッキングステーションは

ノートパソコンとタブレットとしての

両面の使い勝手をしっかりと満たしてくれました。

 

Surface Pro3にオススメアイテム

■とっても扱いやすい最高のWindowsタブレット

 

■Surface Proには必須のタイプキーボード

 

■Surface Pro3には絶対オススメのスクリーンプロテクター

■便利なSurface Pro3をより便利にするドッキングステーション

■Surface Pro3の背面を守る背面プロテクトシール

 

■SurfaceでExcelなどを操作するときに便利なBluetoothマウス

 

■外出先でつなぐのに便利にモバイルルーター

 

■Surface Pro3を持ちは運ぶのに便利なバックインバック

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG