Surface Go2 LTE AdvanceでeSIMを使う方法

みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口剛史です。

2021年はスマホ・モバイル通信の競争が激化したおかげで、これまでの料金プランを見直すことで、通信容量を増やしながら通信料金を抑えるができます。

例えば、IIJmioのミニマムスタートプラン(3GB 900円/月)を新プラン(ギガプラン・eSIMタイプ)に契約を変更すると、4GB 660円/月となり、通信料金を下げながら通信容量を増やすことができます。

今日は「Surface Go2 LTE AdvanceでeSIMを使う方法」についてご紹介します。

IIJmioはeSIMの方がお得に

これまでSurface Go2 LTE Advanceのモバイル通信用として、IIJmio(BIC SIM)のミニマムスタートプラン(3GB 900円/月)を使っていましたが、IIJmioの4月1日からの新料金プラン(ギガプラン・eSIMタイプ)に見直し、4GB 660円/月に抑えることができました。

通信容量を1GB増やしながら240円/月・2880円/年の費用を節約になります。

心理カウンセリング空

マイクロSIMからeSIMへ変更方法

eSIMとはEmbedded SIMの略で、eSIMに対応したスマホ・パソコンにはeSIM用の通信モジュールが組み込まれており、eSIMの設定をするだけで通信ができる仕組み。

私が外出用として使用している、SurfaceGo2 LTE AdvanceはeSIMにも対応しているため、IIJmioのミニマムスタートプランからギガプラン・eSIMタイプへ切り替えました。

ミニマムスタートプランからギガプラン・eSIMタイプへ契約変更できないため、新規にギガプラン・eSIMタイプを申し込む必要があります。

私は「Wi2のギガぞうWi-Fi」が使えるビックカメラのBIC SIMを利用してきたため、BICSIMのサイトよりeSIMの新規申し込み。

申し込み完了後、すぐにeSIM登録用のメールが届くので、別のパソコンでアクティベーション用のQRコードを表示する。

Windows10の携帯電話設定で”SIM2″を選択し、”eSIMのプロファイルの管理”を選択

“新しいプロファイルを追加します“を選択

“携帯電話会社から提供されたアクティブ化コードを入力する”を選択

カメラが起動するので、IIJmioのアクティベーション用QRコードを撮影する

IIJmioのプロファイルが追加されるので”使用”を選択

eSIMでの接続完了

IIJmioのミニマムスタートプランを解約して完了

まとめ

今回、はじめてeSIMを契約しましたが、思いのほか簡単に開通できました。

SIMカードの発送が不要な分だけ、即日開通が魅力的に感じました。

通信速度も安定感もSIM利用時と大差なく、eSIMで問題なく使えます。

これからは、eSIMの時代になっていくと感じました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。


リモートサポート

今回のオススメアイテム

■最高のモバイルパソコン

■Wi2 ギガぞうWi-Fiが使えるビックカメラのBIC SIMがオススメ

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG