「Excel実行ファイルが消え、Excelが起動しない」トラブルサポート

みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口剛史です。

先日、東京都足立区のお客様より「Excelが起動しなくなったので見て欲しい」とのご依頼をいただきました。

リモートサポートでパソコンを確認したところ、Excelの実行ファイルが消えた為に、Excelが起動できない状況でした。

Office2019を再インストールすることで、Excelが使えるようになりました。

今日は「Excel実行ファイルが消え、Excelが起動しない」トラブルサポートについて書いていきます。

Excel実行ファイルが消え、Excelが起動しない

リモートサポートで、お客様のパソコンの調査を開始。

Excelファイルを開いてもエラーでExcelは起動しない。そもそもWindows10のアプリメニューにExcelがない。

Windows10にはOffice2019がインストールされた状態で、Excel以外のWord・PowerPoint・Outlook等は正常に起動する。

Office2019のアプリフォルダを確認したところ、Excelを起動するための“Excel.exe”実行ファイルがない状況。

Officeの修復機能から、Excel.exeの復旧を試みるも効果なし。

仕方がないので、Office2019の再インストールをすることに。

心理カウンセリング空

Office2019の再インストールで復旧

ここからの情報は参考程度し、ご自身の判断と責任において作業を進めてください。

まず、パソコンにインストールされているOffice2019のライセンスコードを確認するため、DOS画面で下記のコマンドでOffice2019のライセンスコード下4桁を確認。

cscript “%programfiles%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs” /dstatus

次に、Word等を開き、Office2019ライセンスを登録したマイクロソフトアカウントを確認。

続いて、マイクロソフトアカウントのWebサイトにログインし、”サービスとサブスクリプション”からマイクロソフトアカウントに紐付いているOffice2019の再インストール。

Office2019の再インストール後、Office2019アプリフォルダに“Excel.exe”が復旧したことを確認しExcelを起動。

改にライセンスコードを聞かれることなくExcelが正常起動しました。

まとめ

Office2019の再インストールでExcelを使えるようになり事なきを得ました。

しかし、手元にOffice2019のライセンスコードがなく、マイクロソフトアカウントもわからない場合、Excelが使えない状況になっていました。

なぜ、Excel.exeが消えたのかは不明ですが、ネットでは同様の不具合が報告されているので、WindowsUpdateやOfficeUpdate関係で何らかの条件が揃うとExcel.exeが消されてしまうのではないでしょうか。

本日(2021年10月5日)にWindows11が正式リリースされました。

OSをバージョンアップしていくのもいいですが、このような不具合を起こさないようにすることが、最重要ではないのでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございます。


リモートサポート

関連記事

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市のIT・パソコンサポートSORAの関口です。先日、Windows10の大型アップデート20H2機能更新プログラムがリリースされ、順次適用されています。Windows10の大型アッ[…]

OneDriveとOutlookの問題点

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG