おすすめのミニスマートフォン SH-07D




前回の記事でミニスマフォの3つのメリットを書きましたが

実際に私が愛用しているミニスマフォは

SHARP AQUOSPHONE SH-07Dです。

 

SH-07Dは3.4インチの画面サイズで

幅54mm×高さ107mmのミニスマフォです。

今日はSH-07について書いていきます。

SH-07Dの3つのいいところ

 

■道具として気軽に使えるスマートフォン

20140912_2_thumb.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートフォンが大画面化、高機能化していくにつれて

スマートフォンの本体台も高価格化していきました。

そして、せっかく買った高価なスマートフォンは

大事に扱いたいと思うものなので、

スマートフォンに保護するカバーなどをつけたり

取り扱いに気を使ったりするスマートフォンになってしまいます。

 

その点、SH-07Dは2012年販売ということもあり

2014年9月の時点で中古で2万円程で購入できます。

またSH-07Dは防水対応もしているので、

傷や破損を気兼ねすることなくポケットに放り込んでおけ、

日々日常の電話機・メールや写真撮影、情報のインプットに使えます。

 

■おサイフケータイに対応している


20140911_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SH-07Dは小さな本体なのに、

ワンセグやおサイフケータイも対応しています。

そして、特に便利なのが おサイフケータイ

電車に乗るときにズボンのポケットからSH-07Dを出して

改札口にピッと当てるだけで電車に乗れるのはとっても便利です。

 

■ワイヤレス充電に対応しいている

20140913_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水対応のスマートフォンで充電する為にその都度カバーを外すのが面倒なものですね。

SH-07Dも防水対応しているため、USB挿入口にはカバーがついていますが、

SH-07Dはワイヤレス充電に対応しています。

専用の充電台にSH-07Dを置いておけば簡単に充電ができてしまいます。

 

SH-07Dの3つの気になるところ

 

■Galaxy Note3と逆のボタンの配列

20140915

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneよりAndoroidは自由に扱えるので好きなのですが、

あまりにも自由すぎてメーカーにより本体の設計が異なっています。

 

私はGalaxy Note3も使っているのですが、

SH-07DはGalaxyとボタンの配列が逆になっています。

慣れれば問題ないのですが、

キー配列はAndoroidで統一してほしいものです。

 

■音楽再生ボタンが変なところにある

20140915

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SH-07Dの製品の特徴としてミュージックプレイヤーとして使えるというものがあります。

それが故に、SH-07D本体の右側に、音量と音楽再生ボタンが付いています。

 

そして、Galaxyでは本体の右側が電源スイッチ。

SH-07DのディスプレイをOFFにしようとする際に、つい右側のボタンを押してしまい

突然音楽が流れ出すという、はずかしい思いを何度もしています。

 

■テザリングが使えない

20140914_12

 

 

 

 

 

 

 

 

私はSH-07DはIIJ MIOの音声プランのSIMで使用しています。

よって、DOCOMOの息がかかっているSH-07Dではテザリングが一切できません。

SH-07Dのroot化してテザリングできないかと調べてみたのですが、

SHARP端末をroot化するのは難しいようで、あきらめています。

 

この小さなスマートフォンがWifiルータとしても使えたら最高なのですが、、、

せっかくすばらしい端末なのに、キャッリヤの変な制約により

ハード的な機能が制限されてしまうことが、とても残念ですね。

 

まとめ

20140914_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろと書きましたがSH-07Dはとっても扱いやすい機種です。

ぜひ、SH-07Dの後継機をSIMフリー版として販売してもらいたいです。

 

今回のオススメアイテム

AQUOS PHONE st SH-07D  BLACK

AQUOS PHONE st SH-07D  RED

AQUOS PHONE st SH-07D  LIME

SH-07DでオススメのBIC SIM 音声プランパッケージ

 

SORAのNews & Events

Amazon電子書籍にて「Kindle Paperwhiteのすすめ」を出版しました。


「Kindle Paperwhiteのすすめ」では、

当ブログで紹介してきたPaperwhiteで自炊した本を読む方法をはじめ、

紙の本に比べると電子書籍は記憶に残らないという研究結果を踏まえ、

ブログでは未公開のPaperwhiteハイライト機能を活かした記憶に残る読書術を

ベストセラー「嫌われる勇気」の電子書籍を実例に解説しています。


紙の本にはない電子書籍の特性を活かしながら、

1回の読書で、読書効果を最大限に高めたい方にはオススメの1冊になると思います。











1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ネットワークスペシャリストと心理カウンセラーの資格をもつ。 埼玉県ふじみ野市を中心としたITやパソコンの訪問サポート及び、心の変化を実感できる心理カウンセリングを行っております。 「複雑なものをシンプルにわかりやすく」をモットーに、お客様の目線でITと心のサポートをします。 「心理」についてのBlogも日々書いておりますので、こちらもご覧ください。 心理カウンセリング空