KindleよりもBookLiveの3つのススメ

電子書籍もだいぶ一般化してきて

私もAmazonのKindleアプリで電子書籍を読んでいます。

 

今まではKindleアプリでのみ電子書籍を読んでいたのですが、

先日からはBookLiveというサービスも電子書籍も使いはじめ、

今ではKidleとBookLiveの2つ電子書籍サービスを使用しています。

 

今日はBookLiveの3つのススメをご紹介します。

 

安定したサービス基盤

紙の本として手元に実体が残らない電子書籍が一番怖いのは

サービス自体が終了してしまい購入したコンテンツが閲覧出来なくなることです。

最近ではTSUTAYAの「eBooks」や楽天の「Raboo」などの電子書籍サービスが終了して

他の電子書籍サービスにに移管されるか、本購入金額をポイントなどで

キャッシュバックの対応措置がなされています。

log-ebook-01   logo

 

そういう意味でも電子書籍サービスはサービスの継続性が求められるので

安定した基盤の会社が望ましいと言えます。

その点、BookLiveは日本の印刷会社で有名な凸版印刷会社が母体となっており

三省堂書店も事業提携をしておりサービスとしての安定感がありそうです。

logo

Windowsにも対応している

AmazonのKindleはIOS/Andoroidには専用のアプリを提供していますが、

WindowsではブラウザベースのKindleアプリのみで、

しかも日本語フォントが扱えないためPDF形式の本のみ閲覧ができました。

その点、BookLiveはWindows専用のアプリも準備されており

00

8インチクラスのWindows端末で電子書籍が読むことができます。

04

ただ、IOS/Andoroid版のアプリよりあまり使い勝手がよくない感じもしますので、

まだ改善の余地がありそうなアプリです。

20141120_3

 

割引クーポンが送られてくる

今まで電子書籍はKindle1本でしたが、BookLiveも活用するようになった

最大の理由が割引クーポンが定期的にメールで送られてくること。

01

私がBookLiveを使用するようになってから、まだ2ヶ月ぐらいですが、

登録月には90%OFFクーポン、先日は50%OFFクーポンが使えました。

00

私はIT関連の参考書など、定価が高い本で読みたい本をLISTUPをしておき

クーポンが来たときにBookLiveで購入をするようにしています。

 

まとめ

BookLiveはAmazonのKindleより電子書籍に対応した

書籍数がだいぶ少なく感じることもありますが、

それでも、割引クーポンの送付やIT本50%OFFキャンペーンなど

通常の本屋やKindleでは行っていない電子書籍ならではの

サービスを展開しているので今後の発展にとても期待をしたいです。

 

今回のオススメアイテム

■電子書籍には液晶がとってもうつくしいGALAXY Tab S 8.4がとってもオススメです。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG