「事務所のネットワークが不安定になる」トラブルサポート

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市でパソコンサポートを行っているSORAの関口です。

情報化社会の現代は、1人1台のパソコンを使って仕事をする時代のため、社員が増えるとパソコンが増えます。

しかし、パソコンを増設する際に、ネットワークトラブルが発生することがあります。

先日、所沢市の企業様より「事務所のネットワークが不安定になるので調べて欲しい」とのご依頼をいただき、調査した結果、パソコンを増設した際に追加したネットワーク機器が問題でした。

今日は「事務所のネットワークが不安定になる」トラブルサポートについて書きます。

事務所のネットワークが不安定になった原因

ネットワーク構成図

お客様事務所に訪問し詳しい話を聞いたところ「とあるときから、事務所のWindowsネットワークやインターネット接続が不安定になった。LAN内の共有フォルダにアクセスできない、インターネットにつながらないなどのトラブルが頻発する。パソコンを再起動するとつながるようになるけれど、トラブル発生頻度が高く、その都度再起動をしていたのでは仕事にならない」とのこと。

早速、事務所内のLANを調査開始。ブロードバンドルータからメインのスイッチングハブを経由して各パソコンにLAN接続されているネットワーク構成。

調査中、机の下にも小型のスイッチングハブがあるのを発見。その機器を調べたところネットワーク不安定の原因を特定できました。

お客様にお話を伺ったところ「社員が増えて、パソコンを増設した際にLANケーブルが足りなくなり、事務所に余っていたハブをパソコン設置業者が設置した」とのこと。

しかし、机の下に設置されていたのは、スイッチングハブではなくブロードバンドルータ。

このブロードバンドルーターは以前使用していたもので、IPアドレスが既存ルーターのIPアドレスと一緒で、しかも、DHCP機能まで有効になっている状態。

事務所のネットワークが不安定になっていた原因は、同一LAN内にデフォルトゲートウェイIPアドレスの重複と、IPアドレスを管理するDHCPサーバが混在していたためでした。

ネットワーク構成図

本来であれば、机下のブロードバンドルータをスイッチングハブに交換することが望ましいのですが、ハブの予備がなかったため、ブロードバンドルータのDHCP機能を無効にし、空いているIPアドレスに変更。その後、事務所のネットワークは安定化しました。

ネットワーク構成図


リモートサポート

ルーターとスイッチハブのちがい

パソコンに割り当てられるネットワークの情報

パソコンを増設した際にLANケーブルが足りずに、スイッチハブを使ってLANを増設することがよくあります。

この時、スイッチングハブとルーターの違いを理解しておかないと、ネットワークが不安定になります。

スイッチハブは、ネットワーク上に流れる電気信号を分けるのみで、それ以上の機能はなく設定も不要です。しかし、ルーターはネットワークを管理するために、主に以下の機能を持っています。

  • プロバイダとの接続設定(ブロードバンドルータの場合)
  • IPアドレス
  • DHCP機能
  • DNS機能
  • Wi-Fi機能(Wi-Fiルータの場合)

最近のWi-Fiアクセスポイントにはブリッジモードとルーターモードがありますが、これはWi-Fiアクセスポイントをスイッチハブとして使うか、ルーター機能として使うかを切り替えるためです。

ネットワークを管理する機能は、ネットワークの仕組みを理解したうえで正しく設定して使わないとネットワークトラブルの原因となります。

下記のブログでもネットワークの仕組みについて解説しています。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。みなさんは、自宅や職場でWi-Fi(無線LAN)を利用されていますか?最近はWi-Fiルータも安くなり、パソコンにスマホ、テ[…]

お客様事務所のネットワークトラブルの根本原因は、パソコン設置業者がスイッチングハブとブロードバンドルーターのちがいを理解しないで、確認もせずに余っていたブロードバンドルーターを使ってしまったことです。

スイッチハブとルーターのちがいは、製品裏に記載されている機種名や型番を調べればわかりますので、LANケーブル増設の際は必ず機器を確認するようにしてください。

メンタルサポート

まとめ

パソコンを増設する際、新しいパソコンことばかりが気にかかり、LANケーブルが足りていなかったことはよくあります。

そういう時、焦って余っているネットワーク機器を代用してしまい、それがネットワークトラブルの原因になることがほとんどです。

最近はWi-Fiが主流になってきたためLANケーブルを気にする必要はなくなりつつありますが、Wi-Fiよりも有線LANの方が早く安定しているため、事務所などでは残り続けるでしょう。

事務所にパソコンを増設する際は、LANケーブルの有無を確認したうえで、足りないようであればスイッチングハブを購入しておきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スイッチハブはこちらからも購入できます

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG