OutlookでPDFファイルが添付できないサポート

みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口です。

最近、Windowsやアプリのアップデートに伴う新機能追加や仕様変更で、これまで使えたことが、突然使えなくなるような事例が増えています。

先日、お客様から「OutlookでPDFファイルが添付できなくなった」との相談を受けました。

原因は、Adobe Acrobatのプラグインが追加されたことでした。

今日は、その対処法について書いていきます。

目次

リモートサポート

OutlookでPDFファイルが添付できない問題

お客様に詳しいお話を伺ったところ「先日から、急にPDFファイルを添付するとダウンロードURLリンクに変わったり、何も添付されないことが起こるようになった」とのことです。

リモートサポートで確認したところ、PDFファイルを添付しようとすると、https://acrobat.adobe.com/のAdobe AcrobatのURLが自動的にメールに挿入される状態でした。PDFファイルは2MB以下でした。

OutlookにPDFを添付するとURLになる

調査の結果、Adobe Document Cloud for Microsoft Outlook アドインが有効になっていると、PDFファイルが自動的にURLリンクに変換されることが判明しました。

Adobe Document Cloud for Microsoft Outlook

お客様が使用していたのはAdobe Acrobat Proで、プラグインはAdobe Acrobat Proのバージョンアップと同時に自動追加されたと考えられます。

お客様の「以前のようにメールにPDFファイルを添付したい」という要望に応えるため、以下の手順でAdobe Document Cloud for Microsoft Outlook アドインを無効化しました。

Adobe Document Cloud for Microsoft Outlook アドインの無効化手順

Outlookの左上にある「ファイル」を左クリックします。

左側のメニューから「オプション」を左クリックします。

「アドイン」を左クリックし、続いて「設定」を左クリックします。

Adobe Document Cloud for Microsoft Outlookのアドインを確認します。

Adobe Document Cloud for Microsoft Outlook

そのアドインのチェックを外し、「OK」をクリックします。

Adobe Document Cloud for Microsoft Outlook

メールにPDFファイルが添付できるかを確認します。

心理カウンセリング空

まとめ

Adobe Document Cloud for Microsoft Outlookの添付ファイルをURLリンクに変換する機能は、PDFファイルのデータ容量が大きい時に便利です。

しかし、利用者に告知せずにこの機能が有効化され、どのようなPDFファイルでもリンクに変換されてしまうのは問題です。

最近は、Windowsやアプリのアップデートで、以前使用できた機能が使えなくなるケースが増えています。

機能追加やセキュリティ強化のためのアップデートは必要ですが、操作方法に大きな変更がある場合は、事前に説明が必要だと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

パソコントラブルをリモートで解決しませんか

ITサポートSORAでは、パソコンのトラブルを解決するだけではなく、お客様の「困った」を「よかった」になるまで解決することをコンセプトに、お客様に寄り添ったパソコンのサポートを訪問(埼玉・都内)とリモートで行っております。

インターネットにつながっているパソコンであれば、リモート(遠隔操作)でトラブルの解決も可能です。

Windows11・OneDrive・Outlook・Officeなどで、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

リモートサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次