面倒な交通費精算をSuicaの利用履歴で一覧にする方法




みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。

私は今年からから個人事業主として開業をしました。開業すると本業以外の事務作業も多く、特に経理業務は、まだあまり理解をしていないため手探りで進めている感じです。

先日、税務署主催の経理ソフト勉強会に参加をしてきました。そのなかで、Suicaなどの電子マネーで利用した交通費は、「旅費交通費として経理入力はもちろん、別途利用履歴を一覧表として出力してください」と教わりました。

Suicaなどの電子マネーは便利でいいのですが、詳細が残りません。駅にいけば券売機で利用履歴の一覧を出力できるのですが、それも面倒。ということで、自宅で効率よく利用履歴が出力できるようにICカードリーダーを購入しました。

ICカードリーダーを使えば、Suicaの利用履歴の出力はもちろん、e-Taxにも対応しているため、自宅で確定申告ができるようになります。

今日はICカードリーダーの導入から、Suicaの利用履歴の出力までをご紹介します。

目的

・ICカードリーダーを使用して、今年4月からのSuica利用履歴を出力し一覧表をつくる。

・今後の交通費精算業務のフローをつくっておく。

完成イメージ

clip_image001

※2017年7月17日 追記

スマホのNFC/ おサイフケータイ機能を利用した、「3分で作る交通費精算書」の記事もあわせてご確認ください。

Suicaの履歴をスマホで送信。3分で作る交通費精算書

2017.07.17

 

ICカードリーダー PaSoRi(RC-S380)を購入

量販店で売っているカードは主にSONY製とNTTコミュニケーションズ製の2種類。

私はSONY製のPaSoRi(RC-S380)を約2500円で購入しました。

clip_image002

PaSoRiのUSBインターフェースは、スマホなどで使われているType-microBではなく、Type-miniB。PaSoRiを使用時に Type-miniBのUSBケーブルも準備しなければならないのは面倒ですね。

PaSoRiのセットアップ

パソコン(Windows10)のUSBポートにPaSoRiをつなげます。最初自動的にドライバーがインストールされます。その後、SONYのFelicaHPより”NECネットインストーラー”をダウンロードし、パソコンにインストールします。

clip_image003 clip_image004

ソフトウェアのインストール後、Windowsを再起動。NFCポートソフトウェアがインストールされているので、ソフトウェアを起動し、PaSoRiが正常に作動しているかを確認します。

clip_image005

これでICカードリーダーが使用できるようになりました。

clip_image006

Suicaの利用履歴を出力

PaSoRiでSuicaの利用履歴を出力するには2つの方法があります。

・SONYが提供する、”SFCard Viewer2″を利用すること

・JR東日本が提供する、Suicaインターネットサービスを利用すること

2つの方法をご紹介します。

SFCard Viewer2を使用する

SONYのWindowsダウンロードサイトより”SF Card Viewer”をダウンロードしインストール。

clip_image007

インストール後、SF Card Viewerを起動して、PaSoRiにSuicaカードを乗せると

clip_image008

利用履歴の一覧が表示されます。

clip_image009

でも、直近の20件しか表示されません。一応、CSVファイルにエクスポートできるのですが、こちらも20件までしかエクスポートできません。私はあまり電車を使わない方ですが、さすがに20件しか表示・エクスポートできないのは、使いものになりません。毎日何回も電車で行き来する人には、20件なんてアッというまに越えてしまうでしょう。

このアプリは誰の為に作られたものなのでしょうか・・・・

ということで、JR東日本が提供する、Suicaインターネットサービスを試してみました。

Suicaインターネットサービスを利用する

clip_image010

まず最初にお伝えしておきます。

このサービスを利用するには”インターネットエクスプローラ”を使用してください。Microsoft EdgeやGoogle Chromeなどには、今時対応していません。

Suicaインターネットサービスの登録とSuicaカードの登録

まず、Suicaインターネットサービスのサービス利用登録します。

clip_image011

続いて、履歴一覧を出力したいSuicaカードを登録します。

サービスメニューから”Suicaの登録・変更・削除”を選択します。

clip_image012

ログイン画面が表示されるので、先ほど登録したサービスIDとパスワードと表示されている乱数を入力してログインします。

clip_image013

下図画面が表示されるので”新規登録”を選択

clip_image014

登録するカードの名称を入力して

clip_image015

SuicaをPaSoRiに載せると

clip_image008[1]

Suicaカードが認識され登録ができます。

※インターネットエクスプローラ以外のブラウザを使用していると、カード登録プロセスで白い画面のままフリーズします。

clip_image016

Suica利用履歴の出力

サービスメニューより”SF(電子マネー)利用履歴を選択

clip_image017

登録時と同じように、ログイン画面が入力されるので、ログインID・パスワード・表示された乱数を入力してログインします。

下図画面が表示されるので、PaSoRiにSuicaカードを載せて”次へ”を選択

clip_image018 clip_image008[2]

Suciaの利用履歴一覧が表示されます。こちらは20件しか表示されない”SFCard Viewer2″とは違い、直近の100件まで表示されます。さすがはJR東日本と思ったところで、、、、、

clip_image019

このサイトをよく見てみると”履歴印刷はPDFファイルでご提供いたます。”と・・・

「PDFファイルじゃデータを加工できないじゃん!」せめてCSVで出力させてよ!

clip_image020

システム的に使えても業務でまったく使えない・・・・

企業の中で、システム部門と業務部門がぶつかるよくあるパターンですね。でも、私はもともとシステム部門の人間です。こんなことではへこたれません。

インターネット上に表示されたhtml形式の文字はコピーできますので、表全体をドラッグ。右クリックでメニューを表示してコピーを選択

clip_image021

そのままWordに貼り付けると、表形式が維持されたままコピーされます。

clip_image022

これを見やすくする加工をすることで、それなりに見やすい一覧表になります。これで税務署は認めてくれるかな・・・

clip_image001[1]

まとめ

要件定義して業務システムが完成!無事にリリースすると、業務部門から「使い勝手が悪い」「システムフロー」と業務フローが合っていないことはよくある話しです。そんなときのシステム部門の決めぜりふは「なんとか運用でカバーしてよ」ですね。今回のSuicaの利用履歴の出力は正にそんな感じです。

ICカードリーダーを使用してSuicaの利用履歴を出力しようとする人はどんな人でしょうか?きっと日々忙しいビジネスパーソンではないでしょうか。日々忙しいから、月末にサクッと利用履歴を出力して、パッとエクセスにまとめて、会社に提出する。そんな利用シーンだと思います。

今回のSuicaの利用履歴の出力はパッと業務には使えませんが、駅の券売機ではなく、自宅で利用履歴を出力できるのはいいところですね。

※2017年7月17日 追記

スマホのNFC/ おサイフケータイ機能を利用した、「3分で作る交通費精算書」の記事もあわせてご確認ください。

Suicaの履歴をスマホで送信。3分で作る交通費精算書

2017.07.17

 
















 


ネットワークスペシャリストのITサポート
ITのことでお困りではないですか?

「ネットにつながらない」「メールが送信できない」などのパソコン・スマホトラブルから、ITの便利な使い方など、お客様のITに関するすべてのことをサポートします。リモートサポートにも対応していますので、お気軽にお問い合わせください。








KindlePaperwhiteの活用術
KindlePaperwhiteのすすめ

「Kindle Paperwhiteのすすめ」では、当ブログで紹介してきたPaperwhiteで自炊した本を読む方法をはじめ、Paperwhiteハイライト機能を活かした記憶に残る読書術を【100円】で解説しています。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ネットワークスペシャリストと心理カウンセラーの資格をもつ。

    埼玉県ふじみ野市を中心としたITやパソコンの訪問サポート及び、心の変化を実感できる心理カウンセリングを行っております。

    「複雑なものをシンプルにわかりやすく」をモットーに、お客様の目線でITと心のサポートをします。

    「心理」についてのBlogも日々書いておりますので、こちらもご覧ください。
    心理カウンセリング空