目指せ!e-Taxでの確定申告 ~電子証明書の登録編~

みなさん、こんにちは。
埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。

今年は、2月16日(木)から確定申告の受付がはじまります。

最近、以前に書いた「ICカードリーダーをつかったSuica利用履歴の確認」の記事のアクセス数も増えているので、1年分溜まった領収書の整理や交通費精算などに、みなさん追われているのかなと思います。

前回まで、「目指せ!e-Taxでの確定申告」と題して、証明写真の撮影~マイナンバーカード(電子証明書)の申請~カードの受け取りまで解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

マイナンバーカードを受け取り、e-Taxに必要な「電子証明書」が使えるようになったので、「早速パソコンで確定申告をしよう!」と思いたいところですが、「電子証明書」を使ってe-Tax確定申告を行うには、ICカードリーダーのセットアップ・利用者番号の取得・取得した「電子証明書」をe-Taxのシステムに登録するセットアップ作業が、確定申告の前に必要になります。そして、このセットアップ作業もちょっと難解です。

そこで、今回は「目指せ!e-Taxでの確定申告」と題して、3回目の今回は、「電子証明書をe-Taxシステムへ登録する」ところまでを解説していきます。

 

マイナンバーカード取得からe-Taxでの確定申告までの道のり

まず、全体の流れの確認から行いましょう。

「個人カード(電子証明書)の受け取り」まで終わりました。今回はe-Taxで確定申告するための準備作業です。

e-Tax準備作業の流れ

ご自宅のパソコンでe-Taxを行えるようにするために、下記の4つのSTEPが必要になります。

STEP1:ICカードリーダーの設定

STEP2:認証局用証明書のインストール

STEP3:利用者識別番号の取得

STEP4:e-Taxへ電子証明書の登録

それでは、ひとつひとつSTEPを解説してきます。

STEP1:ICカードリーダーの設定

ICカードリーダーを準備します。量販店で売っているカードは主にSONY製とNTTコミュニケーションズ製の2種類。

私はSONY製のPaSoRi(RC-S380)を購入しました。

パソコン(Windows10)のUSBポートにPaSoRiをつなげます。

その後、SONYのFelicaHPより”NECネットインストーラー”をダウンロードし、パソコンにインストールします。

ソフトウェアのインストール後、Windowsを再起動。

『NFCポートソフトウェア』がインストールされているので、ソフトウェアを起動。

PaSoRiが正常に作動しているかを確認します。これでICカードリーダーが使用できるようになりました。

STEP2:認証局用証明書のインストール

ここから、「電子証明書」のセットアップ作業になりますが、まず最初に大事な注意点があります。これからの作業はすべて【 インターネットエクスプローラ 】ブラウザを使います。

Windows10をお使いの場合、いつも使う(標準)ブラウザが【 Microsoft Edge 】になっています。そして、【 Microsoft Edge 】でこの後の作業を行うと”失敗”します。

e-Taxへ電子証明書の登録、その後の確定申告の作業は【 インターネットエクスプローラ 】を使ってください。

Windwos10の場合、【 インターネットエクスプローラ 】が隠れていますので、まずは、下記の手順で、【 インターネットエクスプローラ 】を立ち上げてください。

画面左下段の”〇”(コルタナ)を選択。検索欄に「インターネットエクスプローラ」と入力。検索結果に「Internet Explorer」が表示されるので、それを選択してください。「インターネットエクスプローラ」が開きます。

20170201_etax002

「インターネットエクスプローラ」開いた後、Google検索欄に「利用者識別番号 e-tax オンライン」と入力して「利用者機別番号等のオンライン発行について」のホームページを選択

screenshot_20170202_172657

もしくは、インターネットエクスプローラのアドレス欄に下記のURLを直接入力してください。

https://www.e-tax.nta.go.jp/todokedesho/kaishi_confirm.htm

「利用者識別番号等のオンライン発行について」の画面が表示されるので、下段にある「開始届け書をオンラインで提出する方はこちはへ」を選択

screenshot_20170202_172924

下図画面が表示されます。利用規約確認後、「手順2」を選択

screenshot_20170202_173115

パソコン利用要件が表示されます。標準的なパソコンであればOKです。ただ、先にも書きましたが利用ブラウザが「インターネットエクスプローラ」となっているので注意が必要です。

20170201_etax008

「手順3」を選択し、「ルート証明書・中間証明書インストーラー」を選択。ファイルのダウンロードがはじまります。

20170201_etax053

ファイルのダウンロード完了後、下記メッセージが表示されます。「実行」を選択

20170201_etax001

電子証明書のセットアップが開始されます。「インストール」を選択

20170201_etax002

下図の画面が表示され、インストール完了です。

20170201_etax003

続いて、「手順4」の「信頼済みサイトの登録ツール」をインストールします。「信頼済みサイトの登録ツール」を選択。プログラムをダウンロードします。

20170201_etax004

ファイルのダウンロード完了後、下記メッセージが表示されます。「実行」を選択

20170201_etax005

信頼済みサイト登録ツールのインストールが開始されます。「登録する」を選択

20170201_etax006

インストール完了後「完了」を選択

20170201_etax007

「手順5」を選択し、「届け書の選択へ」を選択します。

screenshot_20170202_173648

以上で、認証局用証明書のインストールは完了です。

STEP3:e-Tax利用者識別番号の取得

続いて、利用者識別番号の申請を行います「個人の方」を選択

20170201_etax009

「次へ」を選択

20170201_etax010

申請に必要な事項を入力して、「次へ」を選択

20170201_etax011

事業所の住所を入力して、「次へ」を選択

20170201_etax012

申請先の税務署名が表示されます。問題がなければ「OK」を選択

20170201_etax013

次に、2つの「暗証番号」を入力します。

20170201_etax014

ひとつめの暗証番号(パスワード?)を入力します。
暗証番号は【 英数字小文字と数字を含む半角8桁以上 】 で入力します。
この暗証番号はe-Taxへ電子証明書登録時に使用します。
20170201_etax016

ふたつめの暗証番号も入力します。
暗証番号は【 半角数字6桁 】 で入力します。
こちらのパスワードは電子納税時に使用します。

20170201_etax015

必要に応じてメールアドレス等を入力して「確認」を選択

20170201_etax017

下記メッセージが表示されますので、「OK」を選択

20170201_etax018

入力内容の確認画面が表示されます。問題がないことを確認し最下段の「送信」を選択

20170201_etax019

20170201_etax020

下記メッセージが表示されます。「OK」を選択

20170201_etax021

利用者識別番号(16桁)と暗証番号が表示されます。「印刷」か「メモ」で情報を残しておきます。

20170201_etax022

以上で、e-Tax利用者識別番号の取得は完了です。

STEP4:e-Taxへ電子証明書の登録

STEP4-1:平成28年度分事前準備セットアップ

【 インターネットエクスプローラ 】でe-Taxのページを開きます。

20170201_etax002

画面左側の「電子証明の登録・再申請のみを行う方」を選択

20170201_etax026

次に、「環境確認」の画面が表示されます。画面下段にある「事前準備セットアップファイルのダウンロードはこちら」を選択

20170201_etax028

「平成28年度分事前準備セットアップ」を選択

20170201_etax029

下図が表示されるので、「実行」を選択

20170201_etax030

『事前準備セットアップ』が表示されるので、「インストール」を選択

20170201_etax031

続いて、『公的個人認証サービス利用者クライアントソフト』のインストールが自動的に始まります。「次へ」を選択

20170201_etax032

「次へ」を選択

20170201_etax033

「はい」を選択

20170201_etax034

「完了」を選択

20170201_etax035

「入力終了(次へ)」を選択

20170201_etax036

ここで一度、「Internet Explorer」を閉じてください。

STEP4-2:ICカードリーダーの認識確認

ICカードリーダーとパソコンを接続します。 ICカードリーダーの上にマイナンバーカードを載せます。

20170201_etax001

上項でインストールした、『公的個人認証サービス利用者クライアントソフト』に含まれている「ICカードリーダライタ設定」を選択

20170201_etax041

下図画面が表示されるので、「設定」を選択

20170201_etax042

無事に認識されると下図メッセージが表示されます。「OK」を選択

20170201_etax043

STEP4-3:電子証明書の登録

再び、【 インターネットエクスプローラ 】でe-Taxを開きます。

20170201_etax002

画面左側の「電子証明の登録・再申請のみを行う方」を選択

20170201_etax026

「下記のチェック項目については入れて確認済みです」にチェックを入れ、下段の「次へ」を選択

20170201_etax027

下図画面が表示されます。先程取得した利用者番号と必要事項を入力し、「入力終了(次へ)」を選択

20170201_etax037

入力内容の確認画面が表示されます。問題がないことを確認し「次へ」を選択

20170201_etax038

認証局サービス名を「公的個人認証(マイナンバーカード)」が表示されていることを確認し、「次へ」を選択

20170201_etax039

マイナンバーカード取得時に設定した暗証番号(英数字6桁~16桁)を準備します。

20170201_etax001

次のメッセージが表示されるので「OK」を選択

20170201_etax040

暗証番号(パスワード)入力欄が表示されるので、マイナンバーカード取得時に設定した暗証番号を入力します。この暗証番号のアルファベットは大文字です。小文字・大文字の入力間違えにご注意ください。
2017.09.13 追加情報
パスワードは***で表示されます。パスワードは小文字で入力をしても大丈夫なようです。
もし入力に不安がある場合は、まずテキストエディタなどで文字が見える状態でパスワードを入力し、それコピーし下図パスワード欄に貼り付けると、より正確になります。

20170201_etax047

※暗証番号入力時に下図画面された場合は、インターネットエクスプローラがICカードリーダーを認識していません。
このメッセージが表示されたときは、下記の「備考」をご参照ください。

20170201_etax048

認証に成功すると下図画面が表示されます。「次へ」を選択

20170201_etax049

電子証明書の登録を行います。表示されている利用者認識番号を確認し、利用者識別番号取得時に設定した暗証番号(半角8文字以上)を入力します。
入力後、「次へ」を選択

20170201_etax050

認証に成功すると数画面が表示されます。 「 受信通知確認」を選択

20170201_etax051

これで電子証明書の登録が完了しました。

20170201_etax052

広告

備考:ICカードリーダーが認識されない場合

電子証明書登録時に、下図画面が表された場合は、インターネットエクスプローラがICカードリーダーを認識できていません。

20170201_etax048

入力途中の状態ですが、一度インターネットエクスプローラを閉じて、Windowsの再起動を行います。

Windows再起動後、「ICカードリーダーにマイナンバーカード」を起きます。

2017-02-01 14.32.01

「JPKI利用者ソフト」を起動

20170201_etax041b

「動作確認」を選択

20170201_etax044

「実行」を選択

20170201_etax045

ズラズラとメッセージが表示された最下段に「動作確認終了」と表示されていることを確認し「閉じる」を選択

※動作確認終了と表示されない場合は、パソコンとICカードリーダーの接続に不備があります。再度、ICカードリーダーのセットアップを確認してください。

20170201_etax046

動作確認終了後、【 インターネットエクスプローラ 】でe-Taxを開きます、STEP4から手続きを再開してください。

まとめ

パソコンに詳しく無い方が、e-Taxで確定申告を行おうとする場合、今回の作業が一番難解であると思います。

ICカードリーダーの設定、認証用プログラムのインストール、電子証明書の登録といった、複雑作業のうえに、Windows10全盛期に「インターネットエクスプローラ」を使う必要があったり、何個も異なる「暗証番号」を設定したり、所々で「暗証番号」を「パスワード」と表記したりと、e-Taxは、ユーザーフレンドリーなシステムではありません。

ただ、電子証明書を一度登録しておけば、来年からはSTEP4から確定申告ができますので、「e-Taxで確定申告したい!」と思う方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。当店でも、「e-Taxのセットアップ作業」をサポートを行っておりますので、詳しくはお問い合わせください。

次回はいよいよ、e-Taxでの「確定申告」編です。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。2月16日から確定申告の受付がはじまりました。「目指せ!e-Taxでの確定申告 」と題して、証明写真撮影から、マイナンバーカード[…]

 

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG