読書の秋は「Prime Reading」で電子書籍を楽しもう

埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。

今年も10月となり夜が長くなってきました。

秋といえば「読書の秋」ですね。

みなさんは、読書を楽しんでいますか?私はKindle Paperwhiteで秋の読書を楽しんでいます。

そんな読書好きの私にとって、うれしいニュースが届きました。

Amazonがプライム会員向けに、本の読み放題サービス「Prime Reading(プライムリーディング)」を開始したとのこと。

普通に本を1冊購入すると定価で1500円しますので、本が無料で読めれば、年額3900円のプライム会員費は安く感じられそうです。

今回は新しくはじまった「Amazon Prime Reading」サービスとプライム会員の5つのメリットについて書いていきます。

Amazonプライム会員の5つのメリット

あなたは、Amazonを利用していますか?利用されている方はプライム会員(年額3900円)の会員ですか。

「プライム会員は送料が無料になるだけ」と思われていると年会費3900円のプライム会員に魅力は感じませんよね。

しかし、送料無料以外にも、プライム会員には様々なサービスがあることをご存じですか?

私も送料無料以外にも5つのメリットがあるこを知りプライム会員となりました。

メリット1:送料が無料になる

プライム会員の最大のメリットは、送料が無料で、お急ぎ便や着日時の指定ができることです。

自宅近くの配送センターに商品の在庫があれば、夜に注文しても翌日には商品が届きます。

ただ、宅配便が値上げされているので、いつまでAmazonが送料無料で対応するのか?は気になるところです。

メリット2:プライムビデオが見られる

Amazonは書籍以外にもプライムビデオで映画などを一部無料で楽しむことができます。

プライムビデオには、懐かしい映画などがありますので、暇なときに気軽に楽しむことができます。

メリット3:プライムミュージックが楽しめる

私がプライム会員になったのは、プライムミュージックがとてもよかったからです。

プライムミュージックのいいところは、勉強用やリラックス用など、利用シーンに応じたプレイリストが準備されているところです。

ブログを書く際もプライムミュージックで音楽を流しています。

メリット4:Kindleオーナーライブラリーで月1冊無料で読める

Kindleオーナーライブラリーはプライム会員であり、Kindle PaperwhiteやKindle FireなどのKindle端末を持っている人向けに、オーナーライブラリー対象の電子書籍が月1冊無料で読めるサービスです。

xxolgaxx / Pixabay

対象本はそれほど多くないですが、無料のため「とりあえず読んで見ようかな」という感じで気軽に電子書籍を楽しむことができます。

メリット5:Prime Readingで何冊も無料で読める

2017年10月からはじまったPrime Reading対象の本が読み放題になる新サービス。

Kindleオーナーライブラリーとの違いは主に以下の2つです。

  • Prime Reading対象の本であれば何冊でも自由に読める。
    (オーナーライブラリーは月1冊まで)
  • パソコン、スマホ、Kindle端末、どの端末でも利用ができる。
    (オーナーライブラリーはKindle端末のみ)

Prime Reading開始により、Kindle端末を持っていないプライム会員の人でも、無料で回数制限なく電子書籍が読めるようになりました。

Amazon Prime Readingの使い方

Kindle PaperwhiteでPrime Readingの本を読む

それでは実際にPrime Readingので本を開いてみましょう。

Kindle Paperwhiteでは、ストアから本を検索し、Prime Reading対応の本は『読み放題で読む』ボタンが表示されます。

『読み放題で読む』ボタンを押すと本のダウンロードがはじまり、本を読むことができます。

続けて2冊目の本もダウンロードしてみます。

オーナーライブラリーでは月1冊しか読めませんでしたが、Prime Readingでは2冊目も読むことができます。

KindleアプリでPrime Readingの本を読む

続いてスマホのKindleアプリからPrime Readingの対象の本を開いてみます。

こちらも『読み放題で読む』ボタンで読むことができます。

今までスマホのKindleアプリでは、Kindleオーナーライブラリーの無料本を読むことができませんでしたので、Prime Readingではプライム会員であれば、誰でも無料で電子書籍を楽しめるようになりましたね。

Prime Readingはハイライト機能が使えるのか?

Kindleで電子書籍を読む最大のメリットは、気になった文章にハイライトをつけて、Web上にエクスポートできるところです。

Prime Readingの電子書籍もハイライト機能が使え、Web上にエクスポートできました。

PrimeReadingの対象本はサクッと読んで、気になる文章をまとめてエクスポートするといった使い方ができそうです。

広告

まとめ

今のところ「読みたい本が少ない」というのが、Prime Readingの正直な感想です。

しかし、追加費用なくプライム会員の年額3900円の中で利用できるサービスと考えれば、Prime Readingはプライム会員にはメリットがあるサービスだと思います。

これからPrime Readingで読める電子書籍が増えていくことを期待しています。

もし、Amazonをよく利用する方で、プライム会員に興味がある方は、下記バナーから30日間の無料体験を申し込めます。

 

今回のオススメアイテム

Prime Reading以外に上記でご紹介したメリットも期間中は無料で使えますので、ご興味がある方は、ぜひこちらからどうぞ。

電子書籍を楽しむには、目に優しいKindlePaperwhiteがオススメです。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG