Pocket

NECアクセステクニカ製のモバイルルータのMR03LN

 

MR03LNはSIMフリーのWifiルーターで

5Ghzと2.4ghz帯の両方式のWifi通信を選択できて、

Bluetooth通信にも対応し、

Bluetoothの省電力による24時間連続使用を実現。

また、公衆無線LANにも対応した完璧なモバイルルータです。

 

そして、このMR03LNのさらに4倍に活用できるのが

MR03LN専用のクレードルです。

 

活用法1:ブロードバンドルータとしての活用

 

20141022_4

MR03LNはPPOE通信モードに対応しています。

自宅に光りファイバやADSLのモデルがあれば

MR03LN+クレードルでブロードバンドルータになります。

 

例えば、1人暮らしをしている方が、

外ではMR03LNをモバイルルータとして使い

自宅に帰ったらMR03LNをクレードルに挿し

ブロードバンドルータ兼Wifiルータとして

1台2約でMR03LNを使えるようになります。

 

活用法2:Wifiルーターとしての活用

 

20141022_5

MR03LNは、クレードルに設置したとき

ブリッジモードに切り替えることができます。

 

例えば、宿泊先のホテルなどインターネットに対応している部屋には

LANケーブルがあるので、そのLANケーブルとクレードルをつなぐことにより

MR03LNをWifiアクセスポイントとして使うことができます。

 

いま主流の、スマフォやタブレットにはLAN差し込み口がありませんので

外泊先の部屋で自分だけのWifi環境を構築できることはとても便利になります。

 

MR03LNを外ではモバイルルータとして室内では無線LANアクセスポイントとして

SSIDを切り替えることなく使えるので外でも中でもWifiを使えるようになります。

 

活用法3:無線LANアクセスポイントの子機としての活用

 

20141022_6

ここから少し応用的な使い方になります。

 

きっと多くのご家庭家では無線LANが設置されていると思います。

その場合、リビングに無線LANアクセスポイントを置いて

そこから各部屋に電波を飛ばす構成になっていると思います。

 

でも、その構成だとリビングから離れた部屋で、

スマートフォンを使おうとするとき

スマートフォンは電波の受信感度が悪かったり

 

離れた部屋で複数の端末を使おうとするときに

複数の端末が遠く離れた無線LANアクセスポイントと通信することで

Wifiの通信が不安になり通信レスポンスが下がることがあります。

 

上記のような環境のとき、

MR03LNの公衆無線LANモードを上手く使います。

 

MR03LNの公衆無線LANの設定項目に、

自宅の無線LAN環境(SSIDとパスワード)を設定して、

MR03LNの公衆無線LANモードをONにすると、

MR03LNは自宅無線LANの子機として動作するようになります。

20141022_2

 

離れた部屋でスマートフォンやタブレット使うとき

Wifi接続先をMR03LNのSSIDに変更をします。

 

そうすることで、離れ部屋からの通信はMR03LNに集約され、

スマートフォンのWifi機能よりMR03LNのWifi機能の方が安定していますので、

離れた部屋ででもスマートフォンを快適に使う事ができます。

 

活用法4:部屋専用のWifiアクセスポイントとして使う

20141022_7

活用方2と活用法3の応用編です。

上図は実際に私が使っている環境になります。

 

リビングに無線LAN 親機を設置して、離れた部屋には無線LAN 子機を設置し、

無線LAN子機の配下にはデスクトップパソコンやLANDISKなどのLAN環境を構築しいています。

 

私はデスクトップパソコンとSurfaceを併用したり

SurfaceからLANDISKにアクセスをさせるのですが、

有線LANポートを持たないSurfaceを別部屋で使うとき

すべて通信が離れたところにある無線LAN 親機経由となり

通信レスポンスがとても低下してしまいます。

 

そこで、別部屋にある無線LAN 子機にMR03LN+クレードルを接続して

MR03LNをブリッジモードで動作させます。

20141022_3

 

そうすることで、部屋専用のWifiアクセスポイントが使えるようになり

電波が安定した環境でSurfaceが使えるようになること

SurfaceとLANDISKへの通信距離も短くなるので

ファイルのやりとりのレスポンスが大幅に改善するのです。

 

まとめ

MR03LNは1台で色々な用途で使える完璧なモバイルルータ。

クレードルを使うことでさらに使い勝手が増えます。

 

外ではモバイルルーターとして

自宅では部屋専用の無線LANアクセスポイントとして使えば

SSIDを変えることなくどこでも無線LANを使えるようになります。

 

初期端末代は少し高いですが、格安SIMを使えば

1ヶ月月¥1000ぐらいで運用ができて

とってもオススメの1台です。

 

今回のオススメアイテム

■なんでもこなす完璧なモバイルルーター MR03LN

 

■MR03LNを4倍活用できる専用のクレードル

 

■OCNの格安SIM+MR03LN+クレードル すべてがそろったセット

 

■格安SIMは公衆無線LANが付いているBICSIMがオススメ

SORAのNews & Events

Amazon電子書籍にて「Kindle Paperwhiteのすすめ」を出版しました。


「Kindle Paperwhiteのすすめ」では、

当ブログで紹介してきたPaperwhiteで自炊した本を読む方法をはじめ、

紙の本に比べると電子書籍は記憶に残らないという研究結果を踏まえ、

ブログでは未公開のPaperwhiteハイライト機能を活かした記憶に残る読書術を

ベストセラー「嫌われる勇気」の電子書籍を実例に解説しています。


紙の本にはない電子書籍の特性を活かしながら、

1回の読書で、読書効果を最大限に高めたい方にはオススメの1冊になると思います。


   

2時間 3,000円で心の変化実感! 体験心理カウンセリング受付け中!


SORAでは、ITサポートの他に「心の変化を実感できるカウンセリング」をコンセプトに心理カウンセリングを行っております。


生きていると、職場のこと、人間関係のこと、生き方のこと、いろいろなことで悩み、問題を抱えてしまいますね。ときには自分ひとりの力では解決できないこともあります。


SORAでは、もっと身近に心理カウンセリングを体験できるように、体験心理カウンセリングを受付けております。お客様のパートナー的な存在となり、じっくりとお話しを聞かせていただきながら、お客様の未来を一緒に考えていきます。ひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。


この記事を書いた人

関口 剛史IT SUPPORT SORA代表
ネットワークスペシャリストと心理カウンセラーの資格をもつ。

埼玉県ふじみ野市を中心としたITやパソコンの訪問サポート及び、心の変化を実感できる心理カウンセリングを行っております。

「複雑なものをシンプルにわかりやすく」をモットーに、お客様の目線でITと心のサポートをします。

「心理」についてのBlogも日々書いておりますので、こちらもご覧ください。
心理カウンセリング空
Pocket