Surface Goに 「May 2019 Update」をインストールした時のトラブル

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口剛史です。

2019年5月に、Windows10の大型WindowsUpdate「May 2019 Update」がリリースされました。

7月に入り、私が利用しているデスクトップパソコンとSurface GoにもMay 2019 Updateの通知が表示されるようになりました。

これまでのWindows10大型アップデートでは、共有フォルダ・ネットワークドライブにアクセスできなくなる不具合の発生やハードディスクの容量不足により苦労した経験があります。

「今回のUpdateは大丈夫か・・・」と思いながら作業を進めましたが、Surface Goのアップデートでトラブルが発生しました。

Surface Goに 「May 2019 Update」をインストールした時のトラブル

May 2019 Updateの更新画面

最初に結論から書きます。

Surface GoやWindowsタブレットに「May 2019 Update」をインストールするときは、事前に32GB以上の空き容量を確保したほうがよさそうです。

そうしないと、インストールに非常に時間がかかり、インストール途中で止まる可能性があります。

「May 2019 Update」には32GB以上の空きスペースが必要ですが、私はSurface Goの空きディスク容量が5GBの状態でインストール(アップデート)をはじめました。

空き容量が少ない状態でMay 2019 Updateの開始

ディスク容量不足で「Windowsの更新には空き容量が必要です」と警告が表示され、外部記憶装置を指定する画面で「SDカード」を指定。

Windowsの更新には空き容量が必要ですの警告画面

ちなみに、今までの大型アップデートでは、ディスク空き容量が少ないときの一時保存先として「USBメモリ」のみでしたが、今回のアップデートは「SDカード」を指定できるようになっていました。

内部ディスクの保存容量が少ないSurface GoやWindowsタブレットでは、SDカードを一時保存先として使えるのは、うれしい仕様変更です。

しかし、ここから問題の連続でした。

まず、Surface Goで「May 2019 Update」のインストールを開始すると、「インストール中」の状態が6時間以上かかりました。

May 2019 Updateのインストール途中画面

一応、インストール中もWindowsを利用できますが、バックグランドでインストールプロセスが動いていて、いつインストールが終わるかわからない状況では、Windowsを使う気持ちにはなれません。

ちなみに、デスクトップパソコンでは、1時間以内でインストール(アップデート)が完了しています。

May 2019 Updateのインストール完了画面

ようやく、インストール準備が終わり「再起動」の画面が表示されました。

Windowsを再起動しアップデートを開始。

「May 2019 Update」のアップデート中

今度は「外部記憶メディアを挿入し「OK」を押してください」エラーが表示され、SDカードが差し込まれていても進むことができない状況

インストール失敗のエラー

仕方なく「キャンセル」を押すと復元処理がはじまり、インストールを開始する前の状態に戻ってしまいました。6時間以上かけてインストールしたのは何だったのでしょうか・・・

続いて、Surface Goで不要なファイルを削除し、ディスククリーンアップを行い、32GB以上の空き容量を確保しました。

ディスク容量を確保した状態

再び「May 2019 Update」を開始。

今度は1時間ほどで、インストールが完了しました。

「May 2019 Update」のインストール完了

今回の不具合は、私の環境のみで起きたのかもしれませんが、「May 2019 Update」は32GB以上の空き容量を確保してから行った方が確実です。

May 2019 Updateの新機能

Windowsサンドボックス機能

「May 2019 Update」は、大きな機能追加・変化はなく、細かな改善や機能追加がほとんどです。

そのなかで目玉機能になるのが「Windowsサンドボックス機能」です。

※Windows10 Pro/Enterpriseエディションのみで利用可能。

サンドボックス機能は、Windows10上に仮想Windows10を使える機能で、アプリケーションの検証や、ウイルス感染が疑われるファイルの実行などを仮想Windows10上で安全に行うことができます。

ただ、一般的な業務で「サンドボックス機能」を使うことはありませんので、「May 2019 Update」は目に見えた新機能がないというのが個人的な感想です。

まとめ

今までのWindows10大型アップデートでは、ディスクの必要空き容量が、32bit版で16GB、64bit版が20GBでしたが、「May 2019 Update」では空き容量が32GB以上を求められます。

Surface Goのディスク容量が128GB、Windowsアップデートのために32GB以上の空きスペースを確保するは厳しい状況です。

Surface Goの内部ディスクは日常で必要なものを保存する場所であって、アップデートのために空けておくものではありません。

Windows10の機能強化もいいですが、もっと少ない容量でアップデートできるようになることを、切に願います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG