WordPressを「STORK」から「THE THOR」に変更しました。

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市ITサポートSORAの関口です。

ホームページと聞くと、多くの人が「難しそう・・・」と思われますが、「Wordpress」が登場したおかげで、誰もが気軽にホームページを持てる時代になりました。

このホームページも「Wordpress」と有料テンプレートを利用しています。

テンプレートとは、デザインや機能面で、ある程度完成されたホームページのフォーマットです。テンプレートを使うことで、今までの必須スキルだったHTML/CSS言語を知らなくても簡単にホームページのデザインを変えることができます。

先日、ホームページのテンプレートを「STORK(ストーク)」から「THE THOR(トール)」に変更しました。

今日は「STORK」から「THE THOR」に変更した理由と変更ポイントについて書いていきます。

STOKからTHE THORに変更した理由

引用元:https://fit-theme.com/the-thor/

「STORK」も「THE THOR」もWordpressでは有名な有料テンプレートです。

このサイトでは、2019年6月まで「STORK」を利用していました。

「STORK」はデザインもよく、とても使いやすいテンプレートでしたが、SEO設定・キャッシュ設定・人気記事の表示・AMP化などの機能と追加する度に、プラグインが増えていきました。

プラグインが増えると、Wordpressのレスポンスが低下し、プラグイン毎の設定項目が増えるなど、サイト運営が乱雑になります。

そこで、もっとシンプルに使えるWordpressテンプレートを探した結果、「THE THOR」(以下 THOR)に変更することにしました。

THORを選択した理由は以下のとおり。

  • 必要機能が組み込まれていること(プラグインの削減)
  • 1ライセンスで複数サイトの利用がOKなこと。(STORKは1ライセンスに1サイト)
  • スマホの固定フッターが標準機能であること(アクセスの大半はスマホから)
  • 「成長・進化し続けるテーマ」というコンセプトに共感したこと

特に、Wordpressテンプレートは、テンプレート専用のショートコードで記事中にデザインを入れることができ便利な反面、専用ショートコードはテンプレートに依存することになります。

ひとつのテンプレートを長く使えば使うほど、テンプレートを切り替えるのが難しくなるので、THORの「ひとつのテンプレートを育てていく(バージョンアップ)」という考えは、ユーザーにとって大きなメリットになります。

STORKからTHORへの変更ポイント

STORKからTHORへ変更時のポイントをご紹介します。

THORの購入

引用元:https://fit-theme.com/the-thor/

THORのホームページより、テンプレートを購入(価格:14,800円(税別))

また、THORは各アフィリエイターのサイトでも販売しており、アフィリエイターのサイトから購入することで独自の特典が付くところもあります。

ご自身に必要な特典があれば、アフィリエイターのサイトから購入するのもいいと思います。

テンプレート本体・デザインのダウンロード

引用元:https://fit-theme.com/the-thor/demo/

 

購入手続き完了後、THOR本体テンプレートをダウンロードします。

THORには、8種類のデザインが準備されていますので、希望のデザインもダウンロードしておきます。

既存サイトのバックアップ

THORへの乗り換え前に、既存サイトのフルバックアップをとっておきます。

WordPressのバックアップにはUpdrafutが便利です。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。いつもブログをお読みいただきありがとうございます。当ブログは2014年2月から運営を開始し、本日までに181本のブログ記事を書いてき[…]

不要プラグインの停止

次にTHORを使うことで不要になるプラグイン類を停止します。

私は以下のプラグインを停止しました。

  • SEO対策(Yoast SEO)
  • キャッシュ(WP Fastest Cache)
  • 人気記事(Popular Posts)
  • テキストエディタ(TinyMCE)
  • AMP化プラグイン(AMP for WP )

THORにはコンタクトフォーム機能が標準に備わっていますがカスタマイズできないため、フォームプラグインの「Contact Form 7」は引き続き利用しました。

テーマの切り替え

WordPressの「外観」からテンプレートをTHORに変更します。

デザインテンプレートの適用

最初に「Customizer Export/Import」プラグインを事前にインストール

続いて、THORのカスタマイザーからデザインファイルをインポート

デザインファイルのインポートをすると、THORの設定が初期値に戻ります。よって、まずはデザインテンプレートを確定後、各設定を行うことをオススメします。

THORの各種設定作業

THORのカスタマイズから、見出しのデザイン、背景色などを変更。設定項目が多く最初は大変ですが、この設定がホームページのオリジナリティになります。

購入時に発行された「ライセンスコード」を入力。ライセンスコードを入力することでバージョンアップを受けられます。

STORK用ショートコードの入れ替え

ブログ記事中に点在するSTORKのショートコードをTHOR用に変更する必要があり、これがテンプレート乗り換えの1番の大変なところ。

「Search Regex」というプラグインを利用すれば、ある程度のショートコードを一括して切り替えることができます。

ただ、STORKすべてのショートコードを「Search Regex」で切り替えられない箇所は手動で修正しました。

余談ですが、「Search Regex」でショートコードの書き換え途中に処理が失敗して、ホームページに一切アクセスできなくなる不具合が発生しました。結局、WebサーバーからWordpressを1回削除して、バックアップから全データを復元する羽目になりました。

繰り返しになりますが、Wordpressのテンプレート入れ替え時は、事前にバックアップをとっておきましょう。

「STORK」から「THOR」に変えて変化したこと

まず、テンプレートを乗り換えるときに気になるのが「アクセス数」ではないでしょうか。

THORは内部SEO対策がしっかりされておりアクセス数の向上が期待されますが、STORKからTHORに変えた後もアクセス数に変化はありません。これはSTORKも内部SEO対策がしっかりされていたテンプレートだったからだと思います。

ホームページ内の内部リンククリック数とAmazonアフィリエイトの売り上げが向上しました。

これは、内部リンクやAmazonアフィリエイトをクリックしやすいデザインになったこと、AMPを非対応にしたことが大きな要因と考えています。

後はプラグインが少なくなったことで、プラグインの設定や更新などの運用面が楽になりました。

一方、THORに変更してからの問題点として、GoogleウェブマスターツールでAMPでエラーが多発しました。

STORK時のAMP化の目的は、Googleの流れにのること、記事を早く表示させ検索順位を上げることでした。

しかし、今回THORに変えたことで記事の表示速度が速くなったため、THORへの変更とともにAMP化を非対応にしました。

広告

まとめ

STORKからTHORへの切り替え作業は1日あれば終わります。

ただ、ショートコードを多用していると修正に時間がかかると思います。

WordPressはテンプレートやプラグインでいろいろと拡張できますが、拡張しすぎるとホームページの表示が遅くなり、プラグインの運用管理の手間が増え、いざというときにリカバリに時間がかかります。

今回、STORKからTHORへテンプレートの切り替えで、Wordpressはシンプルにしておくことが大事だと改めて感じました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG