Windowsユーザーにオススメの辞書アプリ「デジタル大辞泉」

みなさん。こんにちは。

ITサポートSORAの関口剛史です。

みなさんは、資料や企画書、ブログを書くときに、「あれ、この言葉の意味は、これで正しかったかな・・・」と疑問に思うことはありませんか?

言葉の意味を調べるとき、関連した言葉を広げたいときに便利なのが、Windows辞書アプリの「デジタル大辞泉」です

デジタル大辞泉をWindowsパソコンにインストールしておけば、いつでもどこでも言葉を正確に調べることができます。

今日は、デジタル大辞泉についてご紹介します。

デジタル大辞泉とは

デジタル大辞泉購入画面

「デジタル大辞泉」とは、小学館が発行する国語辞書「大辞泉」のWindows版の有料辞書アプリ。

「デジタル大辞泉」をパソコンにインストールしておけば、ネット環境がなくても、言葉の意味を簡単に調べることができます。

価格は1ライセンス2000円で、マイクロソフトストアより購入可能。

Microsoft Store

Windows 10、Windows 8.1 向けの Microsoft Store からこのアプリをダウンロードします…

1ライセンスで10台までインストール可能のため、仕事の用のメイクデスクトップ、外出用のノートパソコンにもインストールできます。私は、Surface Goにもインストールしています。

「デジタル大辞泉」は定期的にアップデートされており、その度に新しい言葉が追加されているので、いつでも新しい辞書を使えるのも嬉しいところです。

デジタル大辞泉の使い方

「デジタル大辞泉」のアプリインストール容量は1.7GBのため、Wi-Fi環境でのインストールがオススメ。

インストール後、「デジタル大辞泉」は3秒ほどでアプリが起動します。

デジタル大辞泉のメイン画面

辞書の使い方として、キーワード検索で調べることやカテゴリーから調べることができます。

デジタル大辞泉のカテゴリー検索

意味を調べたい言葉を検索欄に入力すれば3秒ほどで調べられます。

デジタル大辞泉の検索結果

「デジタル大辞泉」では「調べたい言葉の意味」と「関連する言葉(類語)」が同時に検索されます。

例えば「辞書」で調べると関連キーワードに「辞典」が表示されます。このとき言葉によっては、「辞書」と「辞典」の違いはなにか?と疑問に思うことがあり、両方調べた上で正しい言葉を使えるようになります。

デジタル大辞泉の類似語検索

また、調べた内容をそのままコピーすることもできるので、報告書やブログなどで引用文としても使うことができます。

デジタル大辞泉からの引用

いん‐よう引用

名スル 人の言葉や文章を、自分の話や文の中に引いて用いること。「古詩を―する」

デジタル大辞泉より引用

正しい日本語を使いたい人には、「デジタル大辞泉」はオススメのアプリです。

広告

まとめ

「デジタル大辞泉」を購入する前は、ネットの辞書で言葉を調べていました。

ネット辞書は無料で使える反面に、ネットにつながっていないと使えない、広告が表示されるなどのデメリットがありました。

「デジタル大辞泉」は1ライセンス2000円ですが、10台までインストール可能なこと、調べたい言葉をすぐに正確に調べられるので、私は重宝しているアプリのひとつです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG