「パソコンのDropboxで同期ができない」トラブルサポート

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市でIT/パソコンサポートをおこなっているSORAの関口です

企業の部署内・プロジェクトチーム内でファイルを共有する方法として、オンラインストレージの『Dropbox』を利用されている方も多いと思います

先日、都内の企業様より「パソコンのDropboxで同期ができなくなったので解決してほしい」とのご依頼をいただきました。

リモートサポートでパソコンを調査した結果、ウイルス対策ソフトが原因でDropboxが同期できていない状況でした。

今回は「パソコンのDropboxで同期できない」トラブルサポートについて書いていきます。

パソコンのDropboxで同期できない原因

Dropboxエラー

リモートサポートで、Dropboxを同期できないパソコンの調査開始。

Dropboxの設定を変更したあと、Dropboxを起動すると下記のメッセージが表示されようになったとのこと。

別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません。

フォルダーまたはファイルを閉じてから再実行してください。

Web版のDropboxではデータ同期ができているため、Windows上の何らかのアプリが、Dropboxフォルダを開いているため、Dropboxがフォルダを再構築できないのが原因。


リモートサポート

「パソコンのDropboxで同期できない」トラブルサポート

Windowsの再起動、Dropboxアプリの再インストールを行っても症状は変わらない。何らかのアプリがWindows起動時にDropboxフォルダをつかんでいる状況。

フォルダをつかんでいるアプリを調べたところ、ウイルス対策ソフトがフォルダをつかんでいることが判明。

ウイルス対策ソフトを一時停止させ、問題のDropboxフォルダをリネーム。

パソコン版Dropboxアプリでフォルダの再構築をしたところ、全てのデータが同期できるようになりました。

上記の結果から、Dropboxの設定を変更した際、ウイルス対策ソフトがDropboxフォルダをつかみ続けため、パソコン版DropboxアプリがDropboxフォルダを開けなくなったのが原因でした。

メンタルサポート

まとめ

Dropboxなどのオンラインストレージサービスは便利な反面、不具合発生時のサポートは期待できないため、自分で問題を解決する必要があります。

Dropboxは、Dropboxクラウド内で同期を行い、そのクラウドデータとパソコンを同期する仕組みです。

よって、Dropboxデータの同期がうまくいない場合は、まずはWeb版Dropboxでクラウド内の同期できているかを確認してください。

Web版Dropboxで同期できていない場合は、ユーザーID・共有フォルダの設定に誤りがあります。

Web版Dropboxで同期できていて、パソコン版Dropboxで同期できない場合は、Dropboxアプリの設定の誤り、今回のようなWindows上の不具合の可能性があります。

Dropbox・Onedrive・Googledriveなどのオンラインストレージで不具合が起きたとき、まずは『クラウド上の問題』と『パソコン上の問題』を切り分けることで、問題の原因が特定できてスムーズに復旧ができるようになります。

下記のブログもご参考ください。

関連記事

みなさん、こんにちは。ITサポートSORAの関口です。各種クラウドサービスが普及したことで、気軽にITサービスを利用できるようになりました。オンラインストレージサービスの「Dropbox」などで、メンバー間でデータを[…]

Dropboxのイメージ

お読みいただきありがとうございました。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG