「Windows10 PC修理」が閉じられないトラブルサポート

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市パソコンサポートSORAの関口です。

いま、インターネット上ではフィッシングメールや詐欺のような広告が横行しています。ホームページを見ているとき「パソコンがウイルスに感染しています」などの警告画面を出すような広告も増えています。

先日、埼玉県川越市のお客様より「Windows10 PC 修理が表示されて閉じることができない」とのご相談をいただきました。

リモートサポートで状況を確認したところ『reimage』をインストールさせるための広告画面でした。

広告画面が閉じられない、インストールしてしまった場合はどうするの?など疑問に感じている方もいると思いますので、その疑問にお答えしていきます。

Windows10 PC 修理は広告です

Windows10 PCPC修理

リモートサポートで、お客様のパソコンを確認したところ「Windows 10 PC修理」の画面が表示され、閉じることも移動することも出来ない状況。

「Windows 10 PC修理」は、『reimage』というウイルス対策ソフトをインストールさせる為の広告。

『reimage』をインストールさせることで広告料が入る仕組みのため、無理矢理でも「ダウンロード」させたいために、画面を閉じさせないようになっている。

Windows10 PC修理画面

画面右上にウイルス対策ソフトで有名な『McAfee Security』などのロゴがありますが、これは権威性と信頼性をアピールするための嘘。

このような虚偽広告や詐欺メールには、4つの心理的特徴があります。

  • 問題を課す
  • 不安を煽る
  • 心を焦らせる
  • 偽善の提案をする
関連記事

みなさん、こんにちは。ITサポートSORAの関口です。情報化時代となり、1人ひとりがスマホを持ったことで必要な情報をすぐに得ることができるようになりました。しかし、その一方でインターネットやスマホを利用したフィッシン[…]

上記に少しでも該当するものは、無視するのがいちばんの対策です。

リモートサポート

Windows10 PC 修理の閉じ方

Windows10 PC修理画面

このような画面は画面右上の”×”を押したりしても、消せなかったり、何度も繰り返し表示されたりするのがほとんど。

その場合、以下のいずれかの手順で画面を閉じられるので、慌てずに試してください。

方法1.Ctrl+Qキーを押す

方法2.Alt+F4キーを押す

方法3.タスクマネージャーから、ブラウザのプロセスを停止する

ブラウザをInternetExplorerを利用している場合、タスクマネージャーからInternetExplorerを停止させる手順は以下のとおり。

ツールバーの上で右クリック、表示されたメニューから「タスクマネージャー」を左クリック

タスクマネージャー起動方法

下図が表示された場合は「詳細」を左クリック

タスクマネージャー起動方法

プロセス一覧の中から「Internet Explorer」を左クリックして、右下の「タスクの終了」を左クリック

Windows10 pc修理の閉じ方上記3つのいずれかの方法で画面を閉じることができると思います。

reimageをインストールするとどうなるの?

もし、誤って『reimage』をインストールするとどうなるのでしょうか?

Windows10サンドボックス機能を使って『reimage』のインストールを検証することに。

アプリのダウンロードが終わるとインストール画面が表示される。

reimageのインストール

インストール後、自動的にパソコン内部をチェックされる。

reimageのインストール

チェック結果が表示されると同時に、「修復を開始する」を提案される。

reimageのインストール

この手のアプリは、パソコンに問題がなくても「問題あり」と表示するものがほとんどですが、サンドボックスにインストールした『reimage』は意外に「問題なし」との結果に。

ちなみに、「修復を開始する」をクリックするとライセンス購入の画面に。

reimageのインストール

パソコンをチェックした結果、「問題あり」と表示して「修復を提案」しライセンスを「購入させること」が最終的な目的。恐らく、1回購入すると継続利用となり、毎年ライセンス料がかかる仕組みだと思います。

このアプリ自体は、ウイルスなどの不正プログラムではないようですが、不安を煽って契約させようとするアプリは信頼できませんので、誤ってインストールした場合は削除することをオススメします。

reimageのアンインストール方法

『reimage』は常駐アプリのため、アンインストールするにはバックグラウンドで動いているアプリを止めるところから。

ツールバーの上で右クリック、表示されたメニューから「タスクマネージャー」を左クリック

タスクマネージャー起動方法

下図が表示された場合は「詳細」を左クリック

タスクマネージャー起動方法

プロセス一覧の中から以下の項目を左クリックして、「タスクの終了」を左クリック

reiamgeのアンインストール

  • Reimage Application
  • Reimage Real Time Protection

Windowsメニューから「Windowsシステムツール」内にある「コントロールパネル」を左クリック

reimageのアンインストール

「プログラム」を左クリック

reimageのアンインストール

一覧から「Reimage Repair」を左クリック

reimageのアンインストール

「Reiamge Repair」を本当にアンインストールしますか?と聞かれるので「はい」を左クリック

reimageのアンインストール

「正常にパソコンから除去されました」と表示されたら「OK」を左クリックして、Windowsを再起動して完了。

reimageのアンインストール

メンタルサポート

まとめ

Windows10 PC修復の広告の目的は『reimage』をインストールさせること。『reimage』の目的はソフトのライセンスを購入させること。

『reimage』自体に問題はなさそうですが、その売り方に問題があります。特にセキュリティソフトは信頼が大事です。信頼できないアプリはインストールしないことが1番のセキュリティ対策となります。

Windows10 PC修復の画面が表示され閉じられない方、reimageをインストールしてしまった方のご参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

広告

信頼のおけるウイルス対策を

Windows10の標準ウイルス対策でも十分ですが、不安の方には以下のアプリがオススメです。

created by Rinker
キヤノンITソリューションズ
¥8,128(2020/08/09 04:10:10時点 Amazon調べ-詳細)

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG