Windows11買い替えトラブルサポート

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口です。

Windows 11が登場してから約2年が経過しました。

Windows 10を使い続けてきた方も、パソコンの買い替えタイミングでWindows 11に切り替えることになります。

先日、お客様より「Windows 11を購入しデータを移行したところ、Outlookが動かなくなり、WordやExcelファイルも保存できなくなった」とのご相談がありました。

調査した結果、やはり原因はOneDriveのバックアップ機能でした。

今日はそのことについて書いていきます。

目次

リモートサポート

Windows11買い替えトラブルサポート

お客様より「Windows 11を購入し、古いPC(Windows 10)からWindows 11にデータを移行したところ、Outlookが動かなくなった。また、WordやExcelのファイルも保存できなくなった」とのご相談がありました。

Windows 11の初期セットアップ後、Windows 11へデータをコピーしたら、問題が発生したとのこと。

お客様宅に訪問し、Windows 11を調査した結果、OneDriveが容量不足でエラーになっている状態です。

Windows 11をセットアップ後、OneDriveはフリープランで動作するため、データ保存容量は5GBです。

また、OneDriveのバックアップ機能を有効になっていると、デスクトップ・ドキュメント・ピクチャフォルダがOneDriveと同期されます。

上記の設定状態のままで、旧PC(Windows 10)から5GB以上のデータをデスクトップ・ドキュメント・ピクチャにコピーすると、OneDriveが容量オーバーとなり同期が停止し、ドキュメント内のWordやExcelの保存ができなくなります。

OutlookのPSTファイルもドキュメントフォルダに保存されているため、旧PCからそのままコピーすると、PSTファイルがOneDriveの同期対象となり、Outlookが起動しなくなります。

あわせて読みたい
「Windows11でOutlookが起動しない・起動が遅い」トラブルサポート みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口です。 2021年10月にリリースされたWindows11。 最近では、Windows11標準搭載のパソコンも増え、Window...

お客様に状況を説明、「OneDriveは使わない」とのことなので、OneDriveにアップロードされたデータを各フォルダに取り戻し、OneDriveバックアップ機能を停止しました。

その状態でOutlookを再設定し、メールの送受信をできるようにしました。

お客様は「標準でOneDriveが動作すること、バックアップでデスクトップ・ドキュメント・画像がクラウドに保存されること、クラウド保存容量が5GBまでしかないことを知らなかった」とのことです。

Windows 11セットアップ時にOneDriveの設定画面が表示されますが、5GBの保存容量しかないことが記載されていないので、そのままの「次へ」進んでしまうが原因だと思います。

Windows11のOneDriveバックアップを無効にする

まとめ

これから、Windows 10のサポート期間が2025年までとなり、Windows 11へ移行する人も増えてくると思います。

その際にOneDriveの仕様を理解し、正しく設定をしないと、今回のような不具合が増えてくると思います。

OneDriveも、ちょくちょく仕様が変わっており、何が正しい設定なのかわからなくなりつつあります。

わからない場合はOneDriveを使わないでおくことも1つの選択かと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

パソコントラブルをリモートで解決しませんか

ITサポートSORAでは、パソコンのトラブルを解決するだけではなく、お客様の「困った」を「よかった」になるまで解決することをコンセプトに、お客様に寄り添ったパソコンのサポートを訪問(埼玉・都内)とリモートで行っております。

インターネットにつながっているパソコンであれば、リモート(遠隔操作)でトラブルの解決も可能です。

Windows11・OneDrive・Outlook・Officeなどで、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

リモートサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次