Windows10 Wi-Fiがつながらない!3つの確認ポイント

2016051211Windows10への無償アップグレード期間が7月29日までとなりましたね。

私の予想では、無償アップグレード期間は延長されると考えていたのですが、マイクロソフトは延長はないと断言しているようです。

さて、Windwos10が公開されてから、もうすぐ1年が過ぎようとしています。

その間なんどかアップグレードされ、Windows10も安定してきたと思います。

しかし、最近、私が使っているSurface Pro3とdell venue 8 pro 5855(共にWindows10)の無線LANの接続がかなり不安定になりました。

自宅では問題ないのですが、外出先でWi-Fiにつなげようとすると、Wi-Fi接続でエラーになったり、Wi-Fi一覧にアクセスポイントが表示されなかったり、Wi-Fiに接続できてもインターネットにつながらない現象が頻繁に起こるようになりました。

外出先でWindows10使うときに、Wi-Fi接続でトラブルのはものすごくストレスです。

このストレスから解放されるべく、Windows10のWi-Fi接続不具合の原因を調査した結果、以下の3つの設定を変更することでWi-Fi不具合は改善されました。

1.NetBios over TCP/IPの設定を変更する。

まず、NetBIOSとはWindowsコンピュータ1台1台に割り振られるWindows固有の名前です。

Windows10の標準設定では、DHCPサーバよりNetBios名をもらう仕様のようです。

DHCPサーバがクライアント側にIPアドレスとNetBIOS名を提供できればいいのですが、DHCPサーバがNetBIOS名を提供できない場合、恐らくクライアント側で待ち時間が生じるはずです。

そのため、NetBIOSの初期設定を変更します。

手順は下記のとおりです。

1.”コントロールパネル”を開く

20160512_132646

2.”ネットワークとインターネット”をクリック

201605125

3.”ネットワークと共有センター”をクリック

201605126

4.画面左側の”アダプターの設定の変更”をクリック

201605127

5.Wi-Fiアダプタのアイコンを右クリックして”プロパティ”をクリック

201605121

6.”インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)”を選択し”プロパティ”をクリック

201605122

7.画面右下の”詳細設定”をクリック

201605123

8.上面の”WINS”にタブをクリック。

9.下段の”NetBIOS設定”欄を”NetBIOS over TCP/IPを有効にする”を選択して”にOK”をクリック。

2016051230-2

 

2.Wi-Fiの詳細設定を変更する。

いつの間にか、Windows10のWi-Fi設定に妙な項目ができていました。

それが、「Wi-Fiセンサー」と「有料Wi-Fiサービス」というもの。

Wi-Fiセンサーには以下の説明が書かれています。

2016051230

 

はい、意味がわかりませんので”オフ”にします。

また、有料Wi-Fiサービスも使わない(使えない)ので”オフ”にしておきます。

20160512302

変更手順は下記のとおりです。

1.画面右端をスワイプし”すべての設定”をクリック

2016051210

2.”ネットワークとインターネット”をクリック

201605140

3.”Wi-Fi”をクリック

20160512301

4.”Wi-Fi設置を管理する”をクリック

201605134-2

5.”Wi-fiセンサー”と”有料Wi-Fiサービス”にを全て”オフ”にする

20160512A

 

3.スリープ中のWi-Fiを切断する

Windows10の標準設定では、”スリープ中もWi-Fiに接続したまま”になっています。

同じWi-Fi(SSID)を使い続けるのであれば、この設定で問題ないのですが、私のように場所場所でWi-Fi(SSID)が変わってしまうと、Windows10がスリープから復帰したとき、前の場所のWi-Fi(SSID)を捜そうとするので待ち時間が発生します。

よって、Windows10がスリープ状態になったら、自動的にWi-Fiを切るように設定しておきます。

変更手順は下記のとおりです。

1.画面右端をスワイプし”すべての設定”をクリック

2016051210

2.”システム”をクリック

201605128

3.”電源とスリープ”をクリック

201605129

4.”スリープ中もWi-Fiを接続したままにする”のチェックを外す。

201605130

上記3つの設定変更後、Windows10を再起動してください。

広告

まとめ

現時点では、Windows10は最新のOSでとても扱いやすいと私は感じます。

しかし、OSが最新だからこそ無用な機能が増えているような気がします。

もうこれ以上、無駄な機能はいらないから、Windows10は安定的で軽いOSであってほしいと願います。

Windows VISTAのようにならないことを祈ります。

2018年1月3日 追加

Wi-Fiトラブルの原因と対応方法をまとめました。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。みなさんは、自宅や職場でWi-Fi(無線LAN)を利用されていますか?最近はWi-Fiルータも安くなり、パソコンにスマホ、テ[…]

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG