amazonで購入したOffice365 Soloをインストールする手順

みなさんこんにちは。

埼玉県ふじみ野市を中心としてパソコンやITのサポートを行っているSORAの関口です。

先日お客様より、「いつも使用している2台のパソコンが、Offceが2007とOffce2013と異なるため操作しづらい。2台のパソコンを新しいOfficeに統一したいとのご相談を受け対応を致しました。

今日はOffce 365 Solo(Office2016)についてご紹介します。

※2019年版を更新しました。

あわせて読みたい
【2019年版】Office 365 SoloをAmazonで購入するタイミングと手順 みなさん、こんにちは。 ITサポートSORAの関口です。 「Windows7」と「Office 2010」のサポート終了まであと1年となりました。 Windows7はWindows10に無償アップデート...

目次

リモートサポート

Office2つの選択肢

今まで、MicrosoftのOffice製品は、パソコンのプリインストールモデルを購入するか、¥30,000ぐらいするOfficeパッケージを購入するかのどちらかでしたが、2014年頃からサブスクリプション(年間ライセンス版)が発売されようになりました。

Offce2016もパッケージ版とサブスクリプション版の選択ができます。

■Office Home and Business 2016(パッケージ版)

■ Office 365 Solo(1年ライセンス版)

パッケージ版とサブスクリプション版の価格差は約¥23,000円。Office2016を3年以上使うのであれば、パッケージ版の方がお得になりますが、Officeのバージョンアップサイクルが大体3年毎なので、今回はOffice365 Soloを導入することにしました。

amazonでOffice 365のライセンスを購入する。

マイクロソフトサイトから、Office 365を購入すると¥12,744(1年間)。amazonで購入すると¥11,581。amazonの方が約¥1,000安いため、今回はamazonから購入しました。

いつものamazonの画面からOffice 365 Soloを購入後、amazonのアカウントサービス/ダウンロードライブラリにてOffice365のプロダクトキーを入手することができますので、プロダクトキーをメモしておきます。

office365

 

心理カウンセリング空

Office2013のプロダクトキーの確認

マイクロソフトの仕様により、Office2013とOffice365(Office2016)は共存できません。

Office2013がインストールされているパソコンにOffice365(Office2016)をインストールすると、Office2013が削除されるため、事前にOffice2013のプロダクトキーをツールで調べ確認しておきます。

2016-07-06 13.13.06

ちなみに、Office2007とOffice2016は、今のところ共存できました。ですが、Office2016インストール後、Outlook2007は使えなくなりました。

2016-07-06 13.45.12

マイクロソフトアカウントを作成する

Office365 Soloをインストールするために、Microsoftアカウントが必要になりますので、Microsoftアカウントを作成しサイインします。

2016-07-06 13.20.06

 

Office365をダウンロード・インストールする

Microsoftアカウントにサイイン後、”製品”→”ソフトウェアサービス”→”Office”の順に選択をします。

2016072103

OfficeのHPになりますので、画面右上の”サイイン”→”家庭用”を選択します。

2016072102

下図の画面になるので、”Officeのプロダクトキーをお持ちですか?”の欄を選択します。

2016072101

Officeのプロダクトキー入力画面になるので、amazonで購入したプロダクトキーを入力します。

2016-07-06 13.19.57

無事にライセンス認証がとおると、自動的にOffice365のインストールがはじまります。2016-07-06 13.22.31

10分ほどでOffice365のインストールが完了しました。

2016-07-06 13.32.41

Excelを起動してバージョンを確認。無事に2台のパソコンにOfffce2016がインストールされました。

2016-07-06 13.38.30

まとめ

今までOffice製品は¥30,000以上と値段が高く、パソコンの買い換え時に合わせてOfficeのバージョンアップするものでしたが、1年間約¥10,000のサブスクリプション版が登場したことにより、割安で最新のOfficeバージョンが使えるようになりました。

また、amazonでプロダクトキーを購入し、その日のうちに最新のOfficeをダウンロード・インストールできるのはネットワーク技術の進歩のおかげですね。

今回ご紹介したアイテム

パソコントラブルをリモートで解決しませんか

ITサポートSORAでは、パソコンのトラブルを解決するだけではなく、お客様の「困った」を「よかった」になるまで解決することをコンセプトに、お客様に寄り添ったパソコンのサポートを訪問(埼玉・都内)とリモートで行っております。

インターネットにつながっているパソコンであれば、リモート(遠隔操作)でトラブルの解決も可能です。

Windows11・OneDrive・Outlook・Officeなどで、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

リモートサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次