大画面スマホにオススメの小さなBluetoothイヤホン

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。

今年の秋は新しい大画面のスマホが2種類発売されました。

ひとつが、Appleの5.8インチスマホのiPhoneX、もうひとつがSAMSUNの6.8インチスマホのGalaxy Note8です。

大画面スマホは、Webページの情報量が多く表示され、動画やゲームなども楽しむことができ、手帳の代わりにスケジュール管理もできるので、どちらも人気があるモデル。

しかし、大画面スマホは情報管理やコンテンツを楽しむのは最適ですが、その分本体重量があるため、スマホで長電話していたら耳や腕が痛くなってしまった・・・という経験はありませんか?

今日は、そんな大画面スマホの問題を解消する、小型Bluetoothイヤホン「EnacFire Bluetooth イヤホン」をご紹介します。

1.目次

2.大画面スマホの電話としての問題

ガラケーからスマホに変わったことで、携帯の役割は通話から通信へと変わりました。

スマホに求められるようになったのは、電話で会話する機能よりも、Web閲覧やSNSでのリアルタイムコミュニケーション、動画やゲームを楽しむエンタテインメント、手帳の変わりとしての情報管理です。

携帯電話へのニーズの変化により、スマホの画面は大型化しiPhoneX(5.8インチ)やGalaxy Note8(6.8インチ)が人気となりました。

しかし、スマホ本体が大型化されたことで、今度は電話として使いづらくなりました。

例えば、スマホを片手に持ちながら、少し長電話をすると肩や腕が痛くなってしまう。

スマホで電話をしながらスケジュールを確認しようとしたとき、「スマホのスケジュール帳」が見られないといった経験、あなたにもありませんか?

そんな大画面スマホの電話の問題を解消するのが、今日ご紹介する「EnacFire Bluetooth イヤホン」です。

3.EnacFire Bluetooth イヤホンのレビュー

「EnacFire Bluetooth イヤホン」はAmazonで販売されている世界最軽量のBluetoothイヤホンです。

このイヤホンの大きさは100円玉と同じくらい。耳たぶにスッポリイヤホンが収まります。

Bluetoothイヤホンは操作ボタンが1つしかなく、高機能Bluetooth ヘッドセットに備わっている音量調整や音声コマンドによる操作などはできません。

しかし、ボタン操作による着信応答やリダイヤル、音楽の再生など、必用最低限の機能が備わっています。

私は 事務所では「PLANTRONICS Bluetooth ヘッドセット Voyager 」を使用していますが、Voyagerは構造的に乱雑に扱うことができず、電話をしないときにポケットに入れておくという使い方ができませんでした。

その点、Bluetoothイヤホンは小型で形状がシンプルのため、外出先で電話をしないときは、とりあえず胸ポケットなどに入れておいて、電話発信時/着信時にイヤホンを耳に取り付けて会話するといった使い方が可能です。

ただ、VoyagerとBluetoothイヤホンの通話性能を比べたとき、Bluetoothイヤホンはマイクが離れているため、少し大きめな声で会話をする必用があると感じます。

Bluetoothイヤホンを使うことで、スマホを持ち上げて通話することがなくなり、腕の痛みから解消されました。

また、スマホの画面を見ながら通話ができるので、スマホの画面やスケジュール帳を見ながら会話ができるようになりました。

余談ですが、Bluetoothイヤホンでスマホ内の音楽を聴くことができます。また、以前紹介した音声入力アプリ「スピーチノート」も使えます。

Bluetoothイヤホンと「スピーチノート」を組み合わせることで、音声入力で文章が作成できます。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。ITが導入される前のコミュニケーションは、主に電話や手紙で交わされていましたが、IT化が進み一人一人にコンピューターやスマホが割り当[…]

4.Bluetoothイヤホンの使い方

それでは「EnacFire Bluetooth イヤホン」の使い方を説明します。

ペアリング(スマホとの接続)方法

最初にスマートフォンとペアリング設定を行います。Bluetoothイヤホンのボタンを”4秒間”押し続けます。イヤホンのLEDが点滅をします。

スマホのBluetooth設定を開き「接続可能なデバイス」を検索。

Bluetoothイヤホン「CF8001」が見つかるので接続をします。

1度スマホとBluetoothイヤホンのペアリング設定をすれば、それ以降はBluetoothイヤホンの電源を入れれば自動的にスマホに接続されます。

電源ON/OFF

Bluetooth イヤホンのボタンを”3秒間”押すと「パワーオン」の音声と同時に電源が入り、自動的にスマホに接続されます。

電源を切るときは、ボタンを4秒以上長押しする「パワーオフ」の音声と同時に電源が切れます。

電話着信時(通話モード)

電話着信時にBluetoothイヤホンのボタンを1回押すと着信に応答、もう1回押すと通話を切ります。

着信時にボタンを3秒間長押しすると着信を拒否します。

ボタンを2回連続して2回押すと、最後に着信した番号にリダイヤルします。

充電

Bluetoothイヤホンの充電は専用のUSBアダプターで行います。

BluetoothイヤホンをUSBアダプターに装着し、USBアダプターをパソコンに挿すことで充電モードになります。

BluetoothイヤホンとUSBアダプターは磁石でくっつくのでアダプターからイヤホンが落ちることはありません。

5.まとめ

「EnacFire Bluetooth イヤホン」はAmazonから2000円で購入できます。

正直この値段なので、あまり性能に期待をしていませんでした。

しかし、実際に使用してみると、耳へのフィット感や通話性能はほとんど問題ありません。

この値段で腕の痛みから解放され、スマホの画面やスケジュールを見ながら会話できるようになるので、2000円以上の効果があるのかなと思います。

ただ、Bluetoothイヤホンはあまりにも小さいので、イヤホンで会話していると、周りの人から見れば「ひとりごと言っている怪しい人」になりかねませんので、その点だけ注意が必要かなと思います。

BluetoothヘッドセットやBluetoothイヤホンに興味がある方は、試してみてはいかがでしょうか。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

6.今回のオススメアイテム

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG