Thinkpad8を手放した3つの理由

このブログをはじめた今年の2月に購入した

Lenovo Thinkpad8

当初はとても気に入って使っていたのですが、

使い続けるにつれて、気にかかることが増えてきて

ついに先日、Thinkad8を売却をしました。

 

今回はThinkpad8を手放した3つの理由を書いていきます。

 

Windowsタブレットはタブレットにはなりきれなかった

自宅では13インチのノートパソコンを使っていたのですが、

持ち運ぶには大きく重かったため

外出先でも手軽にWindowsを使えるようにするため

Thinkpad8を購入しました。

その用途にはThinkpad8はとてもよかったのですが、

Windowsとして使うにはキーボードとマウスが必要になり

Thinkpad8を使うのは必ず机があるところでした。

CameraZOOM-20140403053652623

 

また、電車の中などでThinkpad8をタブレットとして使うと

あともう1歩のところでデスクトップモードでの操作が必要になり

8インチ画面でタッチだけの操作は使いずらく感じていました。

 

7月にSurfacePRO3が発売されたので

メインで使っていた13インチノートとThinkpad8の2台を

Surface PRO3の1台に統合するかたちになり

Thinkpad8を外出先に持ち運ぶ機会がなくなりました。

140721_3_thumb.jpg

 

 

電子書籍端末として使えなかった

Thinkpad8を購入したもうひとつの理由として

電子書籍端末と各種資料のPDFファイルを

いつでもどこでも使えるようにすることでした。

 

自炊したPDFの電子書籍ファイルの閲覧として

AndoroidであればMoonReaderなどの高機能アプリがあったのですが、

Windowsでは電子書籍に特化した使いやすいアプリがないこと

gmod_thumb.png

 

また、AmazonのKindleアプリはWindowsに対応していないため

GENYMOTION EMULATORをThinkpad8にインストールして

Thinkpad8上にAndoroidエミュレータ経由でKindleを使おうとしましたが、

Kindleを読む為に、わざわざエミュレータを立ち上げることが不便に感じていました。

 

先日amazonはブラウザベースのKindle Cloud Readerをリリースされ

Windows端末でもKindle内の本を読めるようになったようですが、

まだ日本語フォントに対応していないようで

電子書籍端末としてはThinkpad8は使えませんでした。

 

Bluetoothの干渉がひどかった

Windows端末として使うため

BluetoothキーボードとBluetoothマウスは必須でしたが、

以前の記事でも書いたとおり、

BluetoothとIEEE802.1b 2.4Ghz帯の無線LANとの干渉がひどく

Bluetoothキーボードやマウスが暴走することがよくありました。

Thinkpad8のキーボードとマウス

 

幸いモバイルルーターが5Ghz帯のIEEE802.1aに対応していたため、

外出先ではBluetoothの通信干渉を回避できました。

 

しかし、WifiフリースポットでThinkpad8を使おうと思うと

多くはIEEE802.1b規格でのWifi通信になるため、

その環境になると、Thinkpad8は電波干渉が起きて

まともに文字入力やマウス操作が出来ませんでした。

 

結局、Wifiフリースポットでもモバイルルータを使う羽目になり

格安SIMのパケットを使い切ってしまうことがよくありました。

 

まとめ

Thinkpad8はBluetooth干渉がなければ

ほんといい端末だったと思います。

 

ただ、Thinkpad8からSurface PRO3に乗り換えてから思ったことは

やっぱり、Windowsは画面が大きい方がいいということでした。
thinkpad8_thumb.png
8インチクラスはAndoroidにお任せをして

10インチ以上のWindowsを使う事が自分の中ではベストな感じになりました。

 

今回のオススメアイテム

■これさえあればなにもいらない パソコンがタブレットになるsurface

 

■Bluetooth通信干渉もなく心地良い入力です

 

■Bluetoothマウスがあるとさらに使いやすくなります

 

■5Ghz 帯とBluetoothで通信ができるモバイルルータ

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG