歩きスマホをやめられない理由

「歩きスマホをやめましょう」

「運転中のスマホ操作は危険です」

そんなこと言われなくても誰もがわかっている。

でも、わかっていてもやめられない。

やめてもらえないからもっと注意喚起をする。

それがいまの日本のスマホ事情ではないでしょうか。

今回はIT技術という観点から歩きスマホを考えてみます。

歩きスマホはスマホの問題ではない。

私のスマホ歴はもうすぐで10年になります。

1番最初のスマホはWILLCOMのW-ZERO3[es]です。

20150621_1

OSはWindows mobile WindowsのActiveSyncを使うことでWindowsパソコンとデータ同期やネット閲覧ができW-ZERO3[es]はとても画期的で便利でしたがものでしたが、歩きながら使えるものではありませんでした。

その理由が通信速度の遅さでした。

10年前の通信速度はPHSで128kbpsです。

ウェブを見ようとしても待ち時間の方が多いため、とてもとても歩いてなんて使おうとも思えませんでした。

歩きスマホ原因は通信速度の爆発的な向上

10年前の通信速度は速くても128kbpsでした。

それから10年後の現代、スマホの通信速度は理論上で150Mbpsまで出せるようになりました。

128kbpsと150Mbpsの速度の差を車で例えるならば、10年前は128km/hで走っていた運搬車が現代では150,000km/hで走れるようになりました。

また、運ばれてくるデータを処理するスマホの性能も上がりました。
highway
highway / henrikschnabel

その結果、現代に得られたものが”リアルタイム通信”です。

LINEやFacebook、Twitterのリアルタイムメッセージや世界中の人が参加するリアルタイムゲームを楽しめるのは通信技術の向上によりリアルタイム通信が可能になったためです。

現実(リアル)とリアルタイム(バーチャル)の入れ替わり

さて、私達は通信技術の爆発的な向上によりスマホという小さな画面のなかでバーチャルリアルタイム(以下バーチャル)を得ることができました。

いつでもどこでも誰とでも気軽にコミュニケーションを交わすことができ、いつでもどこでも、自分にとって楽しいゲームができるようになりました。

でもその反面に、

私達は画面の中のバーチャルを得たと同時に現実(リアル)を失いました。

なぜならば、人の脳は基本的にひとつのことしか処理ができないためです。

スマホの画面の中のバーチャルを意識すると、目の前の現実(リアル)を見ることができなくなります。
Nederland beweegt
Nederland beweegt / FaceMePLS

画面の中のバーチャルが優先されるから、現実に歩きスマホをしてしまうのです。

歩きスマホは、画面の中のバーチャルと目の前の現実が入れ替わった現象です。

画面の中がリアルで、目の目の現実がバーチャルとなってしまっています。

だから、そういう人達にとって「歩きスマホをやめましょう」という駅のアナウンスは所詮バーチャルの世界のアナウンスに聞えてしまい、

心までアナウンスが聞えることはないのです。

自分にとって都合がいいバーチャル世界

私が生きている現実には自分にとって良いことも悪いことも起こります。

好きな人もいれば嫌いな人もいるものです。

そう、現実は自分の思うようにはならない世界です。

 

しかし、バーチャルの世界は違います。

バーチャルは自分の思うようになる世界観で成り立っています。
matrix reloaded
matrix reloaded / phsymyst

自分の気の合う人とだけ付き合い、自分にとって楽しいゲームだけをする世界

自分にとって必要なキーワードだけで必要な情報が表示されてしまう世界。

バーチャルは自分の思うようになる世界だからこそ、

思い通りにならない現実とバーチャルが簡単に入れ替わってしまう。

 

そして、バーチャルと現実の区別がつかなくなり、バーチャルの都合のいい世界観が優先をされてしまうから、自分の理性を鍛えることもできず、不都合の多い現実でも自分だけの世界観が優先されてしまう。
Person looking at smartphone in the dark
Person looking at smartphone in the dark / Japanexperterna.se

ただ面白いからといって、拡散される非常識な動画や写真。

LINEの短いセンテンスで人を傷つけあう人々。

思い通りになるバーチャルの世界では人としての理性が働きません。

理性が働かないから、現実で簡単に過ちを犯してしまうのだと思います。

道具(スマホ)に依存をしないこと

私はIT機器が大好きな人間なので、パソコン1台、タブレット1台、スマホ1台を常に持ち歩いています。

でも、歩きスマホも、必要以外のLINEもフェイブックもゲームもしません。なぜならば、IT機器は所詮便利な道具に過ぎないからです。

道具とは、より豊かに便利にするために人間が使うものであり道具に人間が使われるようになってはならないものです。

no communication
no communication / dr_zoidberg

でも、電車の中の光景、駅でのアナウンスを聞いていると道具に人間が使われているようになっていると思います。

これからも、IT技術はどんどん進歩していきます。そして、やがて人工知能が普及すると思います。

そのときに、「人工知能に頼らずに自分のことは自分で考えましょう!」なんてアナウンスが駅やラジオで流れていないことを祈るばかりです。

広告

スマホ依存から脱却する記事を書きました。

この記事は2015年6月に書きました、あれから2年後2017年7月現在、歩きスマホは増えるばかりです。スマホ依存の問題について追加記事を書いています。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。平成28年度の『通信利用動向調査』が総務省から発表されました。通信利用動向調査とは、日本国民の通信サービスの利用状況や情報通信関連機器の[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。先日、狭い道で車を運転しているとき、前方から1台のママチャリがフラつきながら走ってきました。危ない自転車だと思ったので、私は[…]

 

まとめ

IT技術の爆発的な向上をしましたが、人間はそんなに向上ができるものではありません。

だから、主客が逆転してITに人間が使われるようになっています。

スマホが普及したおかけでとても便利になりましたが、人間関係が不便になったと感じるのは私だけでしょうか。。。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG