【Android】プロセス「System」は応答していません。~セーフモード対応編~

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市のITサポートの関口です。

以前、Androidスマホの『プロセス「System」は応答していません」エラーのブログを書きましたが、最近になり、同じような不具合で悩まれている方からのお問い合わせを多くいただいております。

問い合わせの内容から、ドコモの「dtab」系で多く発生しているように感じます。なかには、Androidが再起動を繰り返して、使い物にならないという現象もあるようです。

『プロセス「System」は応答していません」エラーの対策は、機種により、お使いの状況により異なりますので、ブログで正確な情報はお伝えできませんが、Androidのセーフモードをつかえば、対処できる可能性がありますので、その方法をご紹介します。

ドコモの「dtab」系をお使いの方は、ドコモショップのサポートを受けた方が確実かと思います。あくまでも参考情報としてお読みください。

『プロセス「System」は応答していません」エラーの原因

プロセスSystemは応答していませんエラー

『プロセス「System」は応答していません」エラー(以下「Systemエラー」)が発生する原因は、OSのAndroidとインストールされているアプリのエラーが原因と思います。

以前、ブログで紹介したときは「AndroidのGPS機能と「Y!防災速報アプリ」が原因」で、GPS設定を変更することで解決しました。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。お客様が使用しているスマートフォン(GalaxyNote3 Android5.0)で【プロセス「System」は応答していません。このプロセ[…]

今まで普通に使えていたのに、あるときから急に「Systemエラー」が表示されるようになるのは、以下の理由が考えられます。

  • 最近アプリをインストールした
  • インストールされているアプリを更新した
  • AndroidのOSを更新した

ドコモの「dtab」系でエラーの問い合わせが多い理由は、恐らく、ドコモ系アプリとAndroid間でエラーが発生しているからと思われます。

また、「Systemエラー」で、Androidが再起動を繰り返すのは、Androidの起動プロセスで常駐アプリがエラーになるからだと思います。

「Systemエラー」は、Androidとアプリ間のエラーです。よって、Androidにインストールされているアプリが多いほど、「Systemエラー」が発生するリスクは高まります。

スマホには、不要なアプリをインストールしないこと、スマホ内のデータをバックアップしておくことが、「Systemエラー」に対する備えになります。

『プロセス「System」は応答していません」エラーの対策

エラーの対策は、機種により、お使いの状況により異なりますので、1人ひとりに正確な情報はお伝えできません。これから、紹介する方法はご参考程度で、各自の自己判断・責任で操作をお願いします。
ドコモの「dtab」系をお使いの方は、ドコモショップのサポートを受けた方が確実かと思います。あくまでも参考情報としてお読みください。

「Systemエラー」が表示されるようになった原因を以下と仮定したとき、

  • 最近アプリをインストールした
  • インストールされているアプリを更新した
  • AndroidのOSを更新した

その問題を解決するには以下の対処が必要になります。

  • 最近インストールしたアプリを削除する
  • 最近更新したアプリを止める、更新を削除する
  • Androidを初期化する(工場出荷状態)

ただ、「Systemエラー」が表示されお困りの方は「Androidがまともに操作できない」「再起動を繰り返す」という状況のようですので、その場合は「Androidをセーフモードで起動する」ことで、本体の操作ができるようになると思います。

Androidのセーフモード

セーフモードとは、Androidを必要最低限の機能に絞って起動させる方法です。

Androidをセーフモードで起動したあとは、以下の手順で復旧を試みます。

  1. Androidをセーフモードで起動
  2. 必要データをSDカード等にバックアップ
  3. 最近インストールしたアプリ・不要アプリの削除
  4. 最近更新したアプリの更新データの削除
  5. Androidのを初期化(工場出荷状態に戻す)

ひとつずつ解説します。

1.Androidをセーフモードで起動する

Androidをセーフモードで起動する方法は機種により異なりますので、詳しい情報はお使いの機種のマニュアルをご確認ください。
セーフモードで起動すると、メイン画面に設定されていたウェイジェットが初期化される可能性があります。

多くのAndroidスマホの場合は「電源キー」を長押し、表示されたメニューの「電源オフ」・「再起動」のどちらかを長押しすることで「セーフモード」メニューが表示されるようです。

Androidのセーフモードの起動方法

Androidのセーフモード

セーフモードを終了するには、Androidの再起動をします。

ちなみに、ドコモの「dtab」のセーフモード起動方法は、dtabの取り扱い説明書の118ページに記載されています。ご参考まで、マニュアルから抜粋しておきます。

端末動作が不安定

ご購入後に端末へインストールしたアプリケーションが原因の可能性があります。セーフモードで起動して症状が改善される場合には、インストールしたアプリケーションをアンインストールすることで改善される場合があります。

※セーフモードとはご購入時の状態に近い状態で起動させる機能です。
・セーフモードでの起動方法
1.本体末の電源を切る
2.電源を切った状態で「電源ボタン」を2秒以上押し、「NTT docomo」のロゴが表示されたら、本体末が起動するまで(音量下キー)を押し続ける
※セーフモードが起動するとホーム画面の左下端に「セーフモード」と表示されます。
※セーフモードを終了するには、電源を一度OFFにして、起動し直してください。
・必要なデータを事前にバックアップした上でセーフモードをご利用ください。
・お客様ご自身で作成されたウィジェットが消える場合があります。
・セーフモードは通常の起動状態ではないため、通常ご利用になる場合には、セーフモードを終了させてからご利用ください。

~ドコモ dtabマニュアルより引用~

2.必要データをSDカード等にバックアップ

セーフモードで起動でき、操作可能になったら、スマホ・タブレット本体内に保存されている写真等の必要データを、SDカードにバックアップします。

セーフモードでは、LINE等のアプリが利用できないため、アプリのバックアップはできません。

3.最近インストールしたアプリの削除

アプリのアンインストール

アプリをインストールしたあと「Sysyemエラー」が表示されるようになった場合、最近インストールしたアプリに原因がある可能性が高いです。

機種により異なりますが、本体設定→アプリ→アプリ削除(アンインストール)をします。

※一部アプリ・プリインストールアプリは削除できません。

4.最近更新したアプリの更新データの削除

最近更新したアプリの一覧

次に、最近更新したアプリの更新データを削除します。

機種により異なりますが、本体設定→アプリ→更新データ(アップデートのアンインストール)の削除の順で、更新データを削除できます。

※一部アプリ・プリインストールアプリの更新データは削除できません。

手順3と4を行った後に、Androidを再起動してください。

再起動後、Androidが正常起動できた場合、手順3と4で対処したアプリに原因があったことになります。今後に備えて、LINE等のアプリバックアップもとってください。

Android再起動をしても、エラーが解消されない場合は、スマホ・タブレットの初期化(工場出荷状態に戻す)をします。

5.Androidを初期化(工場出荷状態に戻す)

Androidを初期化する(工場出荷状態に戻す)と、スマホ・タブレット本体内に保存されている、設定とデータがすべて削除されます。操作はご自身の判断と責任でお願いします。

Androidをセーフモード(手順1参照)で起動します。

機種により異なりますが、セーフモード起動後、本体設定→システム管理→初期化(オールリセット)

スマホの初期化画面

Androidを初期化できたあとは、不要なアプリをインストールしないことと、無効化しておくことをオススメします。

広告

まとめ

何度も繰り返しになりますが、『プロセス「System」は応答していません」エラーの対策は、機種により、お使いの状況により異なりますので、ブログで正確な情報はお伝えできません。今回ご紹介した方法は、ひとつの参考例として、最終的にはご自身の判断と責任でお願いします。

ただ、ひとつだけ言えることは、スマホやタブレットにインストールされているアプリが多いほど、「Systemエラー」になるリスクが高くなるということです。

ドコモ・au・ソフトバンクから発売されている、スマホやタブレットには、プリインストールアプリが満載されていますので、dtab系で問い合わせが多いのも、それが理由と思います。

Androidは定期的にバージョンアップしていきます。

その際に不要なアプリが多いと、バージョンアップができない、バージョンアップ後にエラーがでるなどのリスクが高まります。

もし、これからスマホやタブレットの購入をする際は、不要なプリインストールアプリが入っていない、シンプルなSIMフリースマホやタブレットをオススメしています。

お困りの方のご参考になれば幸いです。

オススメのアイテム

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG