【2021年10月19日更新】Windows11のメリット・デメリット

みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口剛史です。

2021年10月5日にWindows11が正式リリースされました。

今後、Windows11に対応したパソコンは、強制的?・知らないうちに?・気づいたらWindows11にアップグレードされていくと思います。

私が使用しているSurfacePro7もWindows11に対応しているため、早速Windows11にアップグレードしてみました。

この記事では、Windows10と比較して、Windows11のメリット(良い点)・デメリット(悪い点)・不具合等を適時更新していこうと思います。

Windows11のメリット(良い点)

Windowsの動きがスムーズ

Windows10と比べると、Windows11の動きは非常にスムーズでサクサク動く感じです。

ただ、Windows10も最初の頃はサクサク動きましたが、アップデートを重ねる度に遅くなっていきましたので、1年後のWindows11が今のように動くかは疑問です。

タブレットモードのキーボードの動きがいい

SurfaceProをタブレット状態で使用するとき、Windows10のタッチキーボードの表示が中途半端な感じでイライラしていましたが、Windows11では文字を入力したいときにパッとでるようになりました。

Windowsボタンが中央でいいかも

Windows11のWindowsボタン変更

歴代のWindowsでは、Windowsボタン(アイコン)が画面左下でしたが、Windows11からは画面中央になりました。

Windows11の使い始めは「使いづらい」と感じましたが、Windowsボタンが中央にあるとマウスの導線が短くなるので以外と「使いやすいかも」と感じています。

Windowsボタンは個人設定のタスクバーから、従来通りの左側に変更することも可能です。

Windowsボタンを中央配置でしばらく使いましたが、操作性が非常に悪くなることに気づきました。その理由はデメリットで説明します。

ファイルプロパティがシンプルでいい

Windows11ファイルプロパティ

Windows10までは、ファイルプロパティを表示すると、ズラッと選択項目一覧が表示されましたが、Windows11では必要そうな機能だけに集約されています。ファイルコピーやリネームの時に便利です。

「その他のオプションを表示」を選ぶと今まで一覧が表示されます。

エクスプローラーから写真を回転できる

エクスプローラー上で写真を選択すると、エクスプローラーのメニューから写真の回転ができるようになってます。

心理カウンセリング空

Windows11のデメリット(悪い点)

Windowsアイコンを中央配置にすると、Windowsアイコンの位置が変わる

Windows11の標準設定では、Windowsアイコンは中央配置となりますが、アプリをたくさん起動すると、Windowsアイコンの位置がどんどん左にズレていきます。

サッとアプリを起動したいのに、いつもの位置にWindowsキーがないので、その都度位置を確認してクリックする感じになります。

Windowsアイコンの位置を左側に固定しましたが、今後はWindowsメニューはキーボードから立ち上げるクセをつけた方がよさそうです。

アプリの起動が非常に面倒

Windows11がリリースされてから2日間使いましたが、1番イライラするのがアプリの起動が非常に面倒なことです。

Windows10であれば、Windowsキーを押すとインストールされているアプリが画面いっぱいで表示されました。

Windows11では、ピン留されていないアプリを起動するには【Windowsキー】→【すべてのアプリ】をクリックする必要があり、しかもアプリメニューが画面半分しか表示されないため、スクロール操作をする必要があります。

Windows11では、Windowsメニュー検索欄にアプリ名を入力すれば候補アプリがすぐに表示されるので、キーボード操作でアプリを起動した方が早いです。

ただ、アプリ名を覚えていないとダメで、日本語名のアプリも面倒です。仕事が忙しいときに、このメニュー変更は致命的な問題です。

今後、Windows11が展開されていくときに、これだけでWindows11を嫌う人が増えてくると思います。

Windows10のメニュー設定が引き継がれない

Windows10メニューによく使うアプリを登録していましたが、Windows11にアップグレードしたらすべてクリアされてしまいました。

メニュー画面が変更できない・

私は、よく使うアプリを素早く起動するために、Windows10では必要アプリをWindowsメニューにピン留し大きく配置していました。

しかし、Windows11メニューでは、よく使うアプリとオススメの2段構成になってしまいました。

アプリは6×3段=12個までが表示可能で、それ以降はスクロールしないと表示できなくなり面倒になりました。

無駄なアプリが初期インストールされている

Windows11アップグレードすると、TikTok・Twitter・Facebookなどのアプリが自動的にインストールされます。私はこれらのSNSサービスを使っていないので、速攻にアンインストールしました。

Windowsは業務用で使用している人も多いので、こういったSNSアプリが標準アプリでインストールされてしまうのは、いかがなものでしょうか。

きっと、Windows11でTikTok使えるようになったと、会社のパソコンで個人のTikTokにログインしてしまう人が増えてしまうのではないでしょうか。

タスクバーからタスクマネージャーが消えた

Windowsの動作状況を確認するタスクマネージャー。

Windows10まではタスクバー上を右クリックすることでタスクバーを起動できましたが、Windows11ではタスクバーから起動することができず。

検索等からタスクマネージャーアプリとして起動する必要があります。トラブルシューティングなどの時に少し面倒。

ウィジェットは不要


SurfacePro・SurfaceGo2などをタブレットとして使用するとき(指で画面操作するとき)、画面左側を少しでも右にスクロールするとウィジェットが表示される。

左手で画面を操作しているとき、かなりの割合でウィジェットが表示されてしまう。

ウィジェットを使わないので無効にしたいが、無効にすることもできないし、便利に使えそうなウィジェットもない。

マイクロソフトは一体何がしたいのだろうか・・・と感じる機能です。

Windows11の不具合情報

2021年10月5日からWindows11を使用していますが、今のところOSがクラッシュしたり、アプリが使えなくなったり、共有フォルダに入れないといった大きな不具合は発生していません。

デュアルディスプレイ環境でメニューアイコンが表示されなくなる

デュアルディスプレイ環境でWindows11を使用していると、毎回ではないですがメニューのアイコンが表示されなくなりアプリが起動できなくなります。

私の使用環境は、SurfacePro7とSurfaceドックでデュアルディスプレイ環境です。

何回かWindowsキーをポチポチするとメニューは表示されるようになるのですが、どうも挙動が不安定な感じです。


リモートサポート

まとめ

マイクロソフトは「Windows10が最後のOSです」と言っていたのにWindows11をリリースしました。

セキュリティ機能強化等もあるのでWindowsのアップグレードは仕方ないのですが、無駄なアプリや機能は追加しないで欲しい。

きっと多くの人がWindowsに求めるものは、便利な機能よりも、安定した信頼性なのだから。

 

 

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG