【Win10】Fall Creators Update(Ver1709)アップデート時のトラブルとその対策

みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口です。

最近、私が使用しているWindowsタブレット(dell venue 8 pro 5855)で「Windows Updateに失敗しました」というエラーメッセージが頻繁に表示されるようになりました。

失敗しているWindows Updateは、2017年10月にリリースされた「Fall Creators Update (version 1709)」の大型アップデート。

Windows Updateがバックグラウンドで「Fall Creators Update 」を適用する際、Windowsタブレットのディスク容量不足が原因でエラーが表示されていました。

Windowsタブレットのハードディスク容量は32GBや64GBと少なめです。

「dell venue 8 pro 5855」のディスク量は64GBですが、そこにWindowsOSや必要なアプリをインストールすれば、ディスクの空き容量にゆとりはありません。

それなのに、バックグラウンドで大型アップデートを適用しようとするのはどうかと思いますが、セキュリティーの観点からもいつかはアップデートをした方がいいので、今回Windowsタブレットに「Fall Creators Update (version 1709)」を適用することにしました。

しかし、これがなかなか大変な作業で、多くのトラブルに見舞われました。

今回は、Windowsタブレット(dell venue 8 pro 5855)に「Fall Creators Update (version 1709)」をインストールした時に遭遇したトラブルとその対策について書いていきます。

Windows Updateエラーの頻発

2018年1月から、マイクロソフトは「Fall Creators Update 」の自動配信をWindows Updateで開始しました。

その結果、私が使用しているWindowsタブレット(dell venue 8 pro 5855)で「Windows Updateに失敗しました」というエラーメッセージが頻繁に表示されるようになりました。

「Fall Creators Update 」をインストーするためには、以下の仕様を満たす必要があると、マイクロソフト社のHPに書かれてます。

プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoC
メモリ32 ビット版では 1 GB
64 ビット版では 2 GB
ハード ディスクの空き領域32 ビット版 OS では 16 GB
64 ビット版 OS では 20 GB
グラフィックス カードDirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ800×600

また、インストール時の注意事項として、以下のようにも書かれています。

  • ハード ドライブの容量が 32 GB のデバイスや、ハード ドライブが満杯になっている古いデバイスなど、空き領域が少ないデバイスでは、アップグレードを完了するためにストレージの追加が 必要になる場合があります。
  • アップグレード中に表示される指示に従ってください。アップグレードを完了するために、ハード ドライブから不要なファイルを削除したり、USB フラッシュ ドライブを挿入したりすることが必要になる場合もあります。
  • 空き領域が少ないデバイスや、32 GB などハード ドライブの容量が小さい PC では、アップグレード後に空き領域がほとんどなくなる場合があります。

引用元
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications

「dell venue 8 pro 5855」のディスク容量は64GBです。そこにWindowsOSや必要なアプリをインストールすれば、ディスクの空き容量にゆとりはなく、「dell venue 8 pro 5855」のディスクの空き容量は約2GB。

そのため、Windowsタブレットへの「Fall Creators Update 」のインストールを見送っていたのですが、Windows Updateでの自動配信が開始されたことにより、Windows Updateエラーが最近になって頻発する結果となりました。

個人的には、Windowsタブレットに無駄な機能はいらないので、機能面から見て「Fall Creators Update 」をインストールする必要性はないのですが、セキュリティー対策の観点から、いつかアップデートが必要になるので、今回Windowsタブレットへ「Fall Creators Update 」をインストールすることにしました。

しかし、ここからが問題の連続でした。

Windows Updateファイルがディスクを圧迫していた

「Fall Creators Update 」をインストールするには、ハードディスクの空き容量が約9GB必要です。

しかし、私のWindowsタブレットの空き容量は2GBしかなく、残り6GBの空きスペースを確保する必要があります。

まず、Windowsの設定からストレージの使用状況を確認しました。

すると、「一時ファイル」に約3.8GB消費していることが判明。

「一時ファイル」の詳細を詳しく見ると、「保留中の更新とプレビュービルド」であることがわかります。

これらのファイルは「Fall Creators Update 」をインストールするために、自動的にダウンロードされたインストールファイル群。しかし、WindowsUpateのエラーを何度も繰り返したためか、まともにWindows Updateが動作していない状況。

まず、この3.8GBのファイル群を1回削除し、ディスク空き容量を確保したうえで、「メディアクリエイターツール」で「Fall Creators Update 」をインストールすることにしました。

しかし、この該当ファイルがどこにあるのか見つかりません。

Windows Updateの「更新プログラムをアンインストール」からも削除することができず

Cドライブの「ディスククリーンアップ」と「システムファイルのクリーンアップ」を行なっても、該当ファイルが見つからず。

「Fall Creators Update 」をインストールするために、ディスク容量を空けたいのに、「Fall Creators Update 」の事前ファイルに邪魔をされるという悪循環です。

ツールを使い調べたところ、ダウンロードファイル群は下記のフォルダ(c/windows/softwaredistribution/download/)に保存されていることが判明。「サイズが3.29GBあるフォルダ」を削除し、ディスク空き容量を6GB確保することができました。

注意

上記の方法はマイクロソフト社が推奨するものではありません。

各自の責任で行なってください。

Fall Creators Updateが40%でフリーズする

ディスク空き容量を確保した後、メディアクリエイターツールを利用してインストールすることにしました。

関連記事

みんさんこんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。4月11日にWindows10の大型アップデート Creators Update(Ver1703)が公開され、順次Windows Up[…]

しかし、メディアクリエイターツールで「Fall Creators Update 」をインストールした結果、40%進んだ時点でインストールプロセスがフリーズする問題が発生。

以前、ウイルス対策ソフトの影響でアップデートが止まる問題があったため、ウイルス対策ソフトを削除してから、再度インストールしても40%でプロセスがフリーズ。

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。8月2日にWindows10の大型アップデート、Anniversary Updateがリリースされました。今回のアニバーサリーアップデートの最大の[…]

今回はメディアクリエイターツールでのインストールを断念。

「Fall Creators Update 」では、USBメモリを外部記憶装置として使えるようになりました。

Windowsタブレットに「Fall Creators Update 」の事前ファイルを再びダウンロードしたのち、USBメモリを記憶装置に設定する方法で、インストールを実行。

しかし、この方法でも40%進んだ時点でインストールプロセスがフリーズ。

私のWindowsタブレットには、メディアクリエイターツールでもUSBメモリを使っても「Fall Creators Update 」のインストールができません。

それなのに、マイクロソフトは「Fall Creators Update 」のインストールをススメてきます。

Offce2013を一旦削除してディスク容量を確保する

メディアクリエイターツールもUSBメモリも使わずに「Fall Creators Update 」を通常インストールするには、ディスク空き容量が約9GB必要です。

私のWindowsタブレットの場合、あと2GB空き容量を確保すれば通常インストールが可能になるので、苦肉の策として、オンラインで再インストールが可能なOffice2013(約2GB)を一旦アンインストール。

[aside type=”warning”]注意

オンラインでOffice2013を再インストールするにはライセンスコードが必要です。

Office2013をアンインストールする前にライセンスコードを確認してください。 [/aside]

約9GBディスク空き容量を確保したのち、「Fall Creators Update 」を通常インストールした結果、無事にインストールができました。

関連記事

みなさん、こんにちは。ITサポートSORAの関口です。2018年1月からWindowsUpdateで配信が開始された「Fall Creators Update 」ディスクの空き容量が少ない、ノートパソコンやWindo[…]

「Fall Creators Update 」インストール完了後、不要になったWindows Updateファイルをすべて削除し、再度Office2013をオンラインでインストールしました。

まとめ

ディスク容量が少ないパソコンやWindowsタブレット利用者にとって、Windows10の大型アップデートは悩みの種です。

せめて、アップデートに必要な一時ファイル群をタブレットに備わっている「マイクロSD」に保存させる仕様であればいいのですが・・・

これからもWindows10の大型アップデートが続くと思いますが、ぜひ、容量に少ない端末向けのにシンプルなアップデートを提供してほしいものですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

今回のオススメアイテム

■dell venue 8 pro 5855にあると便利なUSB Type C→TypeAの変換コネクタ
■なにかと便利にUSBメモリスティック

Windows10 大型アップデートによる不具合をまとめました。

関連記事

みなさん、こんにちは。ITサポートSORAの関口です。Windows10を利用しているみなさんに質問です。Windows10は大型アップデートをする度に、ネットワーク関連のところで「今まで使えていたものが使え[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でパソコンサポートを行っているSORAの関口です。昨日、Windows10にWindowsUpdate(KB3189866)を適用してから、ネットワーク上にある共有ファイルにアクセスできなくなり[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。2017年10月17日に、Windows10の『Fall Creators Update』がリリースされました。今回のアップデートで[…]

関連記事

みんさんこんにちは。埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。4月11日にWindows10の大型アップデート Creators Update(Ver1703)が公開され、順次Windows Up[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。ITサポートSORAの関口です。最近、私が使用しているWindowsタブレット(dell venue 8 pro 5855)で「Windows Updateに失敗しました」というエラーメッセージ[…]

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG