集中力を切らさないために、LINEの通知音をコントロールしよう。




みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口です。

いきなりですが、あなたはLINEを使っていますか?

LINEは、用件をすぐに伝えることができ、相手が読んだことがわかるので便利ですよね。

スマホを使っている人は必ずLINEを使っているといっても過言ではないでしょう。

総務省の「平成29年度の通信利用動向調査」によると、スマホの個人保有率は56.8%でした。

そして、スマホの主な利用方法が各世代共に「SNSを見る・書く」ことで、SNSの利用率はLINEが67%と大半を占めていました。

喫茶店や車内などで、ピンロ~ンというLINE通知音が鳴りひびき「自分のLINE通知かな?」と思いスマホを確認。

しかし、それは人のLINEの通知音だったという経験はありませんか?

多くの人がLINEを使うようになったからこそ、LINEの通知音を自分でコントロールする必要があると、私は感じています。

そこで、今日は「LINE通知音のコントロール方法」について書いていきます。

1. 目次

2. LINEの通知音がなると集中力がきれてしまう

先日、喫茶店でLINEの「ピンロ~ン」という通知音が鳴り渡りました。

そのとき、何人かの人が一斉にスマホを確認し、ひとりはいそいそとスマホを操作しはじめ、他の人は「なんだ、違うのか・・・」という感じでスマホをしまいました。

この光景を見たとき、ピンロ~ンという音に条件反射的に反応してしまう人が多いのでは?と感じました。

LINEは多くの人が使用しているため、いたるところでピンローンというLINE通知音を耳にします。

でも、他人のスマホの通知音がなったとき条件反射で反応してしまい、目の前にいる人との会話が途切れてしまったり、今取り組んでいる作業の集中が途切れてしまったりするのは、もったいないと思いませんか?

例えば、いま私はこのブログを集中して書いています。

集中して文章を書けるときは、文言が自然と思いつきスラスラと文章を書くことができます。

しかし、集中して作業をしているときにLINEの通知音がなると、集中力が一気に途切れてしまいます。しかも、それが他人のLINE通知だったりすると、少し残念な気持ちになります。

また、LINE通知を1回確認したことで、本来やるべきことを忘れてしまうこともよくありますよね。

勉強中にLINEが鳴りちょっとだけスマホを操作したら、そこからネットサーフィンLがはじまってしまい、勉強時間がなくなってしまう。

それは、時間がもったいないですよね。

相手から送られてくるLINEをコントロールすることはできませんが、自分のスマホのLINE通知音をコントロールすることはできます。

LINE通知音を自分でコントロールすることで、不要なLINE通知音と条件反射の機会を抑え、本当に必要なコミュニケーションだけをLINEで交わせるようにすることが必要だと思います。

3. LINE通知音をコントロールする方法

多くの人がLINEを「そのままの設定」で利用しているため、ピロ~ンというLINE通知音が鳴ると、多くの人が条件反射で反応をしてしまいます。

しかし、LINEの通知音は以下の方法でコントロールすることができます。

1. 不要な通知音を消す方法

LINEでは、スタンプを使ったトークが楽しいですよね。

「かわいい無料スタンプ」が欲しくて、LINEの友だちリストが企業の公式アカウントで溢れていませんか?

企業が無料でスタンプを配付する目的は、広告LINEを送れるようにするため。

よって、無料スタンプをもらうということは、企業から広告を受け入れるということ。

当然、企業は毎日のように広告LINEをあなたに発信してきます。

しかし、広告LINEが届く度に条件反射してしまうと、集中力が途切れ時間がいくらあっても足りません。

よって、広告などの不要なLINEや急ぎではないLINEグループの通知は「通知音オフ」設定を行うことオススメします。

Androidでの設定方法は、LINEのトークリストから、通知音を変更したい企業公式アカウントやグループを長押し。

表示されたメニューで「通知オフ」をタップ。

これで、企業から広告LINEを受信しても、通知音はならなくなります。

2. 通知音を変える方法

LINE通知音の初期設定値はピンローンという通知音。

初期設定値の通知音を使うから、他の人のLINE通知音にも反応してしまいます。

しかし、LINEの通知音は11種類から選ぶことができます。

他の人が使わないような通知音に変更すること、自分のLINE通知音と他人のLINE通知音を別けることで、他人のLINE通知音に反応する機会を減らせます。

Androidでの設定方法は、友だちリスト右上のある「歯車」をタップ

 

次に「通知」をタップ

次に「通知サウンド」をタップ

お好みの「通知音」をタップして設定完了です。

3. 腕元でLINE通知を見る方法

不必要なLINEトークを非通知にして、LINE通知音を変えることだけでも、条件反射的にLINEを見る機会を減らすことができます。

あとは、必要なLINEを受信したときに、わざわざカバンからスマホを出して見るのではなく、まずは、手元の腕時計でLINEの内容が読めれば、最高だと思いませんか?

それを実現化するのがスマートウォッチです。

私はSAMSUNの「GalaxyGear S2」スマートウォッチを愛用しています。

GreaS2は、手元でLINEのメッセージを読むこと、簡単なメッセージやスタンプの返信ができるので、スマホ操作することなくコミュニケーションを交わすことができます。

ビジネスでも使えるスマートウォッチの7機能

2017.09.03

スマホを手放すスマートウォッチ

2016.06.28

また、とりあえず「誰からLINEが来たのか?が手元でわかればいい」という方には、3000円代の簡易スマートウォッチでも十分使えます。

約3000円でバックの中のスマホ着信に気づける。I5 Plusスマートウォッチの紹介

2016.10.08

4. LINEグループの取捨選択する方法

LINEはグループでコミュニケーションを交わせるところも魅力的ですね。

しかし、そのグループが自分にとって本当に必要なグループなのか?を見極めることが大切です。

例えば、50人が属するLINEグループがあるとします。

そこに、1人がグループ投稿すると50人が反応します。次に50人が1人に対して返信すると、合計51回の通知音がなることになります。

また、本当は1対1のLINEトークでいいものを、わざわざグループラインで交わす人もいます。

私個人的には、プロジェクトなどの共通目的をもったLINEグループ以外は入らないようにしています。

4. まとめ

LINEはメッセージを瞬時に送ることができて、受信者がメッセージを既読したことがわかるメリットがあります。

しかし、LINEは、メッセージの受信者が「読んだら返事を書かなければ・・・」という気持ちになり、一方発信者は「既読なのに、なんですぐに返事がこないの?」という心理状況になるデメリットがあります。

「LINEを読んでしばらく放置すると、「どうしてすぐにLINEを返してくれなの?」という電話がかかってきた」という笑い話をよく耳にします。

LINEは便利で簡単に使えるコミュニケーションツール(SNS)です。

だからこそ、お互いが信頼関係とコミュニケーションの目的を持って、適切に利用していきましょう。

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

5. 今回のオススメアイテム

■手元でLINEが読める高性能スマートウォッチ

■とりあえず手元でLINE通知に気づける簡易スマートウォッチ

お客様の「困った」を解決します!

ITサポートSORAでは、パソコン・スマホなどITの「困った」を解決します。
出張料無料で全国どこでもリモートサポートします。
詳しくはITサポートメニューをご覧ください。

スポンサー・リンク
















提案型ITサポート
ITのことでお困りではないですか?

「ネットにつながらない」「メールが送信できない」などのパソコン・スマホのトラブル。

パソコンやスマホの便利な使い方からホームページの制作など、お客様のITに関するすべてのことをトータルサポートします。

リモートサポートにも対応していますので、お気軽にお問い合わせください。



心と思考をクリアにしませんか?
オンライン・カウンセリング

1人ひとりがパソコンやスマホを持つようになり、業務の効率化を更に求められ、リアルタイムに届く膨大な情報に追われるようになった情報化時代

あなたは、心にゆとり持てていますか?

職場での人間関係やコミュニケーションの悩み、仕事の進め方や考え方、今抱えている悩みや問題など、お客様が気にかかっていることを、オンライン・カウンセリングでご相談ください。

カウンセリングをとおして、お客様の次につながる1歩を一緒に考えていきます。

KindlePaperwhiteの活用術
KindlePaperwhiteのすすめ

「Kindle Paperwhiteのすすめ」では、当ブログで紹介してきたPaperwhiteで自炊した本を読む方法をはじめ、Paperwhiteハイライト機能を活かした記憶に残る読書術を【100円】で解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人


ネットワークスペシャリストと心理カウンセラーの資格をもち、埼玉県ふじみ野市を中心に提案型ITサポート・HP制作等を行なっております。
ITサポートSORAでは、お客様の「困った!」を解決し、これから「やってみたい!」ことを一人ひとりに寄り添いながらサポートします。