スマホ料金の見直しサポート

みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口です。

2019年がはじまりました。

2019年はスマホの料金体系が大きく変わる年になりそうです。

ドコモは春から新しい料金プランを導入し「利用者に応じて2割~4割程度値下げする」計画で、auもドコモに追従する見通しです。

高額なスマホ料金が少しでも安くなれば家計も助かりますね。

そのなか、ふじみ野市にお住まいのお客様(70代|女性)より「スマホ料金を安くしたいのだけど、どうしていいかわからないので、相談にのってほしい」とのご依頼をいただきました。

詳しいお話を伺いスマホ料金を見直した結果、毎月4,000円のコストカットができました。

もしかしたら、あなたのスマホ料金も見直せるのではないでしょうか?

今日は「スマホ料金の見直す際のポイント」についてご紹介します。

目次

リモートサポート

スマホ利用状況の確認

ご依頼いただいたのは、ふじみ野市在住の70代女性のお客様。

お子様も独立したことにより「限られた年金のなかで支出を見直す一環として、スマホ料金を見直したい」と思ったそうです。

スマホ契約先は「ドコモ」で毎月の使用料金は以下のとおりでした。

項目 プラン 月額料金 備考
通話料 かけ放題プラン 2,700 通話料無料
通信料 XIデータパックプラン(5GB) 5,000
その他 その他保証・割引等 -700
合計 7,000

2年前のスマホ購入時に「店員に勧められたままのプランで、そのまま使い続けている」とのこと。

スマホの利用状況としては、家族やお友達との通話、LINEや動画の閲覧が主で、毎月のデータ通信量が約2GB~3GBを推移。

最近、スマホの動作がとても遅いこと、本体代の分割支払いが終わり2年契約の更新日が近づいていることから「新しいスマホに切り替えつつ、毎月のスマホの料金を抑えたい」というご要望でした。

スマホ料金を見直す際のポイント

スマホ料金を見直す際のポイントが「通話料」と「通信料」です。

通話料と通信料の違いについてはこちらのブログをご参考ください。

あわせて読みたい
毎月約6,000円!スマホ料金の節約術 スマホの契約プランは携帯電話会社の勧めるままになっていませんか?もしかしたら、そのプランは過剰契約になっているかもしれません。毎月のデータ使用量を知り適切なプランに契約変更をすることで、スマホ料金は大幅節約が可能です。

お客様はお友達や家族とよく電話されているので「定額制の通話プラン」が必要です。

スマホの通信料は毎月の通信容量によって決まります。1ヶ月の通信容量は2GB~3GBを推移し、通信量を主に消費しているのが「YouTube」、自宅で動画をよく見ているとのこと。

スマホ料金を下げるには通信量を抑えることがポイントです。お客様の自宅にはインターネット回線が入っていたため、自宅にWi-Fiルータを設置し、スマホで動画を見る際はWi-Fi経由で通信するようにしました。

その結果、毎月のスマホの通信量は1GB以下に抑えることができました。

心理カウンセリング空

MNPでワイモバイル社へ乗り換え

通信量を抑えることができたら料金プランの見直しです。

新しい利用条件は「定額通話」+「1GBの通信量」+「スマホ本体代」です。

ドコモで機種変更した場合、2018年12月末の料金プランでは約6500円/月になります。これだと今までの料金と変わりません。

そこで、今回はMNPでワイモバイルに乗り換えることにしました。

ワイモバイルの料金プランは以下のとおりになりました。

項目 プラン名 月額料金 備考
通話料 Sプラン+かけ放題 2,980 2年目から3980円
通信料 Sプラン(2GB)
本体代 Android One 0 2年間継続利用が前提
合計 2,980

新しいスマホに乗り換えると、データの移行やアプリのインストール等が必要になりますが、「今までのスマホと同じように」設定することで、今までと何も変わることなく月4,000円、年48,000円のコストカットができました。

また、ワイモバイルのスマホには「無駄なアプリ」が入っていないので、安定して長く使い続けることができるのもひとつの魅力です。

限られた年金のなかで「今までと同じように使って毎月4,000円のコストカットは大きい」と、お客様は喜ばれていました。

まとめ

春にドコモが新しい料金プランを導入しますが、4割安くなるとしたら3000円程度でドコモのスマホが使えるようになる可能性があります。

しかし、その代わりに本体代と通信料金を別にする「分離プラン」になると予測されます。

「スマホ本体を買い替えたい」と思ったときに「4万~10万円のスマホを一括購入すること」を条件に毎月の利用料金を抑えるプランになるのではと思います。

最近のスマホは劣化したバッテリーを交換することができないため、2年ごとにスマホを買い替えると考えると、2年の総額料金は今までとあまりかわらないのではと、個人的には思います。

結局、スマホ料金を抑える際のポイントは、自分の利用状況にあった「通話料」と「通信料」を設定することであり、そのためには自分のスマホの利用状況をしっかりと把握することです。

自分の利用状況がわからないのに「高い」も「安い」もないですよね。

ITサポートSORAでは、お客様が適切な料金でスマホが使えるようにプランの見直しから機種変更時の立ち会い、新しいスマホの設定までトータルサポートとしております。

スマホ料金を見直したいかたは、お気軽にご相談ください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

あわせて読みたい
格安スマホでオススメのYmobile!メリット・デメリットを紹介します。 みなさん、こんにちは。 ITサポートSORAの関口です。 先日、官房長官が「携帯電話は、公共の電波を利用して提供されている。その中にあって、料金不透明、諸外国と比べ...
あわせて読みたい
スマホの乗換え時は、中古スマホで安く乗り換えよう みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。 いきなりですが、あなたのスマホのバッテリーは大丈夫ですか? 「スマホのバッテリ...
あわせて読みたい
後悔しない!格安スマホへの乗り換え方 みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。 最近は「格安スマホ」の宣伝や広告を良く見るようになり、乗り換える人が増えてい...
あわせて読みたい
毎月約6,000円!スマホ料金の節約術 スマホの契約プランは携帯電話会社の勧めるままになっていませんか?もしかしたら、そのプランは過剰契約になっているかもしれません。毎月のデータ使用量を知り適切なプランに契約変更をすることで、スマホ料金は大幅節約が可能です。
パソコントラブルをリモートで解決しませんか

ITサポートSORAでは、パソコンのトラブルを解決するだけではなく、お客様の「困った」を「よかった」になるまで解決することをコンセプトに、お客様に寄り添ったパソコンのサポートを訪問(埼玉・都内)とリモートで行っております。

インターネットにつながっているパソコンであれば、リモート(遠隔操作)でトラブルの解決も可能です。

Windows11・OneDrive・Outlook・Officeなどで、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

リモートサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次