「Windows10 アプリケーションが起動しない」トラブルサポート

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口です。

先日、埼玉県川越市のお客様から「アプリケーションエラーでWindowsが使えなくなった」とのお問い合わせがありました。

訪問し調査した結果、無料のウイルス対策ソフトが不具合の原因でした。

今日は「Windows10 アプリケーションが起動しない」トラブルサポートについて書いていきます。

アプリケーションが正しく起動しないトラブルサポート

埼玉県川越市のお客様から「昨日から、Windows10でアプリケーションエラーが表示されるようになり、ブラウザやメールなどのアプリケーションが一切使えなくなった」との問い合わせがありました。

訪問してパソコンを確認すると、ブラウザ・Outlook・Wordなどのアプリケーションを起動すると、以下のメッセージが表示され、アプリケーションが起動できない状況。

アプリケーションが開けないエラー

 アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000005)。[OK]をクリックしてアプリケーションを閉じてください。

アプリケーションエラーは1日前から発生するようになったのとこと。

Windows10の信頼性モニターで確認すると1日前から”bad_module_info”のアプリケーションエラーが発生している状況。

信頼性モニターでのエラー

調査した結果、以下2つのウイルス対策ソフトがインストールされていることが判明。

  • ESET INTERNET SECURITY
  • Avast Free Anti virus(アバスト無料アンチウイルス)

アバスト無料アンチウイルス

お客様に詳細をお聞きしたところ「本来はESETを使用していたが、少し前にいつの間にかAvastがインストールされてしまった」とのこと。

Avastのサービスを停止すると、ブラウザ・Outlook等が開けるようになることを確認。

今回の原因はESETとAvastの2つのウイルス対策ソフトが動作していたことに加えて、ESETが1日前にアップデートされたことによりAvastとの間で問題が発生し、アプリケーションが開けなくなったことが原因と断定。

esetのアップデート

esetのアップデート内容

Avastをアンインストールしてアプリケーション類は開けるようになりました。

心理カウンセリング空

ウイルス対策ソフトの考え方

WindowsDefender

Windows10から標準機能としてウイルス対策(Windows Defender)が備わったため、Windowsを普通に使う分には市販のウイルス対策ソフトは不要と、私は考えています。

よって、わざわざ無料のウイルス対策ソフトをインストールする必要はありません。

セキュリティ機能を強化して使いたいと思う方のみウイルス対策ソフトを購入すればいいと思います。

しかし、実際には無料のウイルス対策ソフトがインストールされているパソコンをよく見かけます。

その理由は、Adobe ReaderをインストールするとMcAfee関連のソフトのインストールが提案されるように、何かのアプリをインストールする際に一緒にウイルス対策ソフトがインストールされたり、不安を煽るような広告から、インストールしてしまうことがあるからです。

System Denfender セキュリティセンターのフィッシングバナー

ESETなどの有料ウイルス対策ソフトには、インストールの際に他のウイルス対策ソフトが動作していないかを確認するなどの、2重にウイルス対策ソフトがインストールされないような仕組みが備わっています。

しかし、無料のウイルス対策ソフトは、インストール後に追加機能で費用を請求したり、広告を表示したりして収入を得ることが目的のため、既に他のセキュリティ対策ソフトがインストールされていても、お構いなしでインストールされてしまいます。

その結果、パソコンを保護するためのソフトがパソコンを不安定にさせてしまう、本末転倒な結果になることが多々ありますので、ウイルス対策ソフトをインストールするときは気をつけてください。

まとめ

繰り返しになりますが、Windows10・Windows11には標準でウイルス対策機能が備わっていますので、おそらく、ウイルス対策ソフトのなかで1番安定しているのがWindows Defenderだと思います。

しかし、今でもパソコン購入時にウイルス対策ソフトがセットで販売されていたり、必要なアプリをインストールする際に一緒にインストールされてしまったり、不安を煽るような広告からインストールしてしまうことが多いように感じます。

また、最近のウイルス対策ソフトはクラウドバックアップ機能などが備わっているために、別のトラブルが発生することもあります。

Windowsを安定して使うには余計なソフトをインストールしないことです。

特にウイルス対策ソフトはWindowsにも影響を及ぼすため、無料のウイルス対策ソフトはインストールしないことをオススメします。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

今回のオススメアイテム

■ウイルス対策ソフトを入れるならESETがオススメです。

created by Rinker
キヤノンITソリューションズ
¥7,800 (2022/12/08 16:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

リモートサポート

関連記事

関連記事

みなさん、こんにちは。 ITサポートSORAの関口です。 パソコンサポートの際にお客様から「ウイルス対策ソフトは購入した方がいいですか?」と質問されることがあります。 Windows10では、ウイルス対策機能が標準機能にな[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市のIT・パソコンサポートSORAの関口です。 先日、お客様から「Windows10の通知にウイルス対策ソフトの広告が常に表示されるので消して欲しい」とのご依頼をいただきました。 リモ[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市パソコンサポートSORAの関口です。 いま、インターネット上ではフィッシングメールや詐欺のような広告が横行しています。ホームページを見ているとき「パソコンがウイルスに感染しています」などの[…]

Windows10 PCPC修理
関連記事

みなさん、こんにちは。 IT・パソコンサポートSORAの関口剛史です。 先日、埼玉県富士見市のお客様から「パソコンがウイルスに感染したので、至急見てください」とのご依頼をいただきました。 リモートサポートでパソコン確認した[…]

System Denfender セキュリティセンターのフィッシングバナー

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG