中小企業でのWindows11パソコンの買い替えサポート

みなさん、こんにちは。

埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口です。

Windows11がリリースされてから約1年。

そろそろ会社でもWindows11を検討されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、会社では業務ソフトが使われいることが多く「Windows11にしても業務で使えるか不安」という声をよくお聞きします。

先日、埼玉県狭山市の中小企業さんでWindows11パソコンへの買い替えサポートをしました。

今日は「中小企業でのWindows11パソコン買い替えサポート」について書いていきます。

目次

リモートサポート

中小企業でのパソコン買い替え(更新)の不安と問題点

先日、埼玉県狭山市の中小企業の社長さんより「社内のパソコンが古く遅いため買い換えをしたい」とのご相談をいただきました。

社長さんに現状のお話を伺ったところ、パソコン買い替えには以下の不安があるとのこと。

  • どのパソコンを購入していいかわからない
  • 業務で使用しているソフトが新しいパソコンで動くかどうかわからない
  • 特に、最新のWindows11で業務ソフトが動くか、社員が使えるかが不安
  • パソコン入れ替えた後に、スムーズに業務が継続できるか不安

上記の不安により、パソコンを買い替えたいと思っても、なかなか実行できずにいるとのこと。

その結果、古いパソコンやIT機器を使い続けていることになり、業務に以下の問題が起きていました。

  • パソコンの性能不足により動作が遅く業務に影響がでている
  • パソコンのフリーズが頻発している
  • サポートが終了したOffice2016を使用している
  • パソコンが壊れてもバックアップがない
  • 古いバージョンの業務アプリを使用している
  • 事務所の一部でWi-Fiが入らず通信が安定しない

パソコンを買い替えたい・更新したいと思っていても、不安や問題があり更新できずにいる方も多いのではないでしょうか。

中小企業でのWindows11パソコンの買い替えサポート

Windows11パソコン買い替え

社長のお話と問題を踏まえて、最初にお客様のパソコン利用状況を調査し現状を整理しました。

  • OSはWindows10を利用している(約6~7年前に購入したパソコン)
  • 業務ソフトを複数使用している
  • OfficeはWord・Excel・PowerPoint・Outlookを利用
  • メールはOutlookのPOP3で受信している
  • 複合機からスキャンデータを各自PCに取り込んでいる
  • 業務用データは、個人データをパソコンに保存、共有データを共有サーバに保存している

業務ソフトの開発メーカーにWindows11への対応を問い合わせところ「業務ソフトを使用しているすべてのパソコンで業務ソフトをバージョンアップすればWindows11への対応可能との」返答あり。

もう1つの業務アプリも、古いバージョンから新しいバージョンへデータ移行が可能なことを確認。

その上で、社長に以下のご提案をしました

  • 今後の事を踏まえ、最新のWindows11パソコンを購入する
  • OfficeはMicrosoft365のサブスクリプションを契約する
  • Microsoft365のOneDriveに個人用業務データを自動バックアップする
  • このタイミングで、業務アプリも最新バージョンへアップする
  • 新しいWindows11でも、これまでと同じように業務ができるように設定する
  • 事務所のWi-Fiを最新のメッシュモデルとする

上記提案をご了承いただき、今回は4台のパソコンの入れ替えとWi-Fiルータの交換を実施

具体的には以下のサポートを行いました。

  • デスクトップパソコンの選定と購入
  • Microsoft365への契約サポート
  • Windows11の初期セットアップ
  • 業務アプリのインストール・設定
  • 業務アプリのデータ移行
  • 個人用業務データの新パソコンへの移行
  • 個人用業務データをOneDriveにバックアップ設定
  • Outlookのメールデータ移行とOneDrive併用による同期エラーが起きないよう設定
  • 複合機のスキャナデータ送信先の変更
  • メッシュWi-Fiを設置・通信の安定性を確認

などなど

新しいパソコンへ変更Wi-Fi機器を交換したことでの大きな変更点は以下の3つ

  • ファイルの切り取り・コピー操作がアイコン表示になった
  • Microsoft365にしたことにより、Officeが自動保存になった
  • Wi-FiのSSIDが変更になった

上記の変更点を社員の方へ説明。

Windows11でも業務が問題なくできることを確認してサポート終了としました。

心理カウンセリング空

まとめ

以前、新しいパソコンがあるにも関わらず、古いパソコンも一緒に使い続けている中小企業さんがありました。

「どうして、古いパソコンも残しているのですか?」と聞いたところ、「大手販社でパソコンを購入設置まで依頼したところ、販社のサポートエンジニア(フィールドエンジニア)はパソコンの設置・初期設定までは行ったが、メールや業務アプリの移行まで対応してもらえず、仕方なく古いパソコンを使い続けている」とのことでした。

これは情報システム部門を持たない、中小企業さんでよく耳にするお話です。

今回ご依頼いただいた社長さんも「Windows11へのパソコンの買い換えが不安なのではなく、買い替えた後にスムーズに業務を遂行できるかが」が1番の不安点でした。

所詮、パソコンやIT機器は業務で使うための道具です。

IT技術がどんどん変化していくなかで、会社にとって、社長や社員さんにとって、快適に効率的に業務を遂行するために、技術的に何をどのようにしていけばベストなのかを考え、その環境を整え提供することがITサポートエンジニアの本来の仕事ではないかと、私は考えています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事

あわせて読みたい
Windows10からWindows11へパソコンを買い替える際の注意点 みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口です。 Windows11がリリースされてから1年。 そろそろ、Windows10からWindows11へアップグレードを検討...

あわせて読みたい
「Windows11でOutlookが起動しない・起動が遅い」トラブルサポート みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口です。 2021年10月にリリースされたWindows11。 最近では、Windows11標準搭載のパソコンも増え、Window...

あわせて読みたい
Windows11の初期設定手順 みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市のITサポートSORAの関口です。 2021年10月にWindows11がリリースされてから5ヶ月が過ぎようとしています。 Windows11が良いか...

あわせて読みたい
【2022年12月更新】Windows11のセットアップ手順 みなさん、こんにちは。 埼玉県ふじみ野市 ITサポートSORAの関口剛史です。 2021年10月にWindows11がリリースされ、新しく購入するパソコンのOSはWindows11になりつつあ...

あわせて読みたい
【2022年9月30日更新】Windows11のメリット・デメリット みなさん、こんにちは。 ITサポートSORAの関口剛史です。 2021年10月5日にWindows11が正式リリースされました。 今後、Windows11に対応したパソコンは、強制的?・知ら...

パソコントラブルをリモートで解決しませんか

ITサポートSORAでは、パソコンのトラブルを解決するだけではなく、お客様の「困った」を「よかった」になるまで解決することをコンセプトに、お客様に寄り添ったパソコンのサポートを訪問(埼玉・都内)とリモートで行っております。

インターネットにつながっているパソコンであれば、リモート(遠隔操作)でトラブルの解決も可能です。

Windows11・OneDrive・Outlook・Officeなどで、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

リモートサポート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次