格安中古パソコンでWindows10を使う方法




みなさん、こんにちは。

ITサポートSORAの関口です。

みなさんは、日々使っているパソコンの処理速度に満足していますか?

以前のパソコンに比べ、最近のパソコンは高性能で安いものが登場しています。

しかし、それでも仕事で快適に使える「intel core i5」以上のCPUが搭載されたパソコンは10万円以上します。

「仕事で使えそうなパソコンで、安くパソコンが手に入らないかな・・・」と悩まれている方はいませんか?

いま、ヤフーオークションなどを利用すれば、3万円代で中古パソコンが購入できます。

しかし、「中古パソコンだと動作が遅いのでは?」と思われるかもしれません。

確かに、最新のパソコンに比べれば中古パソコンの性能は落ちますが、パソコンのハードディスクをSSDに換装しWindows10を使うことで、中古パソコンでも日常業務で十分利用できます。

今日は、中古パソコンをヤフオクで購入してからWindows10へアップグレードするまでの手順をご紹介します。

1.目次

2.ヤフーオークションで中古パソコンを入手する

ヤフーオークションでは、デスクトップパソコンやノートパソコンなど多数が出品されています。

出品者は個人やお店があり、出品されているパソコンの状況もジャンクからOS無しなど様々です。

ヤフーオークションでパソコンを購入する際は、取り引き実績が多いお店から買えば間違いなないと思います。

今回、購入したのは2014年 8月に発売されたDELLのOptiPlex 9020ビジネス向けデスクトップパソコン。Windows10にも対応しています。

CPUはCore i7 4790(Haswell Refresh)、メモリは16GB、ハードディスクは1TBの製品。

OSは認証済みのWindows8 Pro

落札価格は33,000円でした。

DELLやHPなどのビジネス向けデスクトップパソコンは、不要なアプリが入っておらず、ドライバー類もダウンロードできるので、中古パソコンでも安心して使い続けることができます。

オークションで落札をしてから、2日後には商品がとどきました。

納品期間もメーカーのオンラインショッピングと遜色ありません。

早速、パソコンの動作確認を開始。

パソコン本体の動作確認とWindows8が認証されていることを確認します。

久しぶりにWindows8に触れると8はとても使いづらいOSだったとわかります。

3.ハードディスクをSSDへ変更する

Windowsの処理速度を向上させるために、ハードディスクをSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)へ換装します。

機械的にデータを読み書きするハードディスクと違い、SSDはUSBメモリのようにメモリチップにデータを読み書きするため、高速にデータを処理できます。

Windowsが起動する「Cドライブ」をSSDに換装することで、Windowsの起動や処理が高速になります。

最近のSSDは価格が安くなっており、今回購入したSAMSUNの250GBのSSDは1万円以下でした。

それでは、ハードディスクをSSDに換装していきます。

手順は、DELLのOptiPlex 9020でのSSD換装手順です。
手順は参考程度として、最終的にはお客様の自己責任において行ってください。

最初にWindowsが入っているCドライブのハードディスクを、SSDへイメージバックアップします。

SSDへのイメージバックアップは、Acronisの「True Image2018」とハードディスク接続キットを使います。

SSDとパソコンをハードディスク接続キットで接続

パソコンをTrueImageのDVDから起動

メニューから「Acronis TrueImage」を選択

バックアップウィザードから「イメージバックアップ」を選択

バックアップ元(ハードディスク)とバックアップ先(SSD)を選択して「実行」

イメージバックアップが完了したら、パソコンをシャットダウンする。

パソコン内部のハードディスクをSSDに交換する。

パソコンを起動し、WindowsがSSDで立ち上がること、ディスクパーティションに不具合がないことを確認する。

これで、ハードディスクからSSDへの換装は完了です。

作業時間は1時間ほどでした。

4.Windows8をWindows10へアップグレードする

次に、使いづらい「Windows8」を「Windows10」へアップグレードします。

Windows10がリリースされたとき、Windows7,8からの無料アップデート期日として2016年7月末までと指定されていました。

しかし、2018年8月現時点でも「MediaCeationTool(メディアクリエイターツール)」を利用してアップグレードすれば、無料でアップグレードできるとの情報があります。

今回、「MediaCeationTool」を利用してWindows8をWindows10へアップグレードした結果、問題なくアップグレードできました。

正規ライセンスで認証されたWindows8とマイクロソフトが提供するツールを利用したアップグレードなので不正な方法ではありません。

しばらくは正規ライセンスで認証されたWindows7,8パソコンは、Windows10へ無料アップグレードはできるのではないでしょうか。

もちろん、Windows7,8の正規ライセンスがないパソコンの場合は、「MediaCeationTool」を利用してもWindows10は認証されないと思います。

その場合は、Windows10パッケージを購入する必要があると思います。

上記の方法はマイクロソフト社が推奨する方法ではありません。よって、いつ「MediaCeationTool」が使えなくなるかが不透明です。

今、Windows7,8をお使いの方でWindows10へ無料アップデートしたいと思われている方は、早めの対応をお勧めします。

Windows7,8からのアップグレードの前に、お使いのパソコンがWindows10に対応しているかどうかをメーカーサイトで確認をしてください。

Windows10に対応していないパソコンをアップグレードすると、ドライバーが適用できずに一部動作不良が起こる可能性があります。

Windows10に対応しているパソコンでもアップグレードすると、ドライバーがうまく適用できずに一部動作不良が起こる可能性があります。

上記のリスクを確認のうえ、ご自身の責任でアップグレードしてください。

それでは、Windows8からWindows10へのアップグレード手順をご紹介します。

Windows10ダウンロードサイトにアクセスし[「ツールを今すぐダウンロード」をクリック

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

パソコンにダウンロードされた「MediaCreationTool1803.exe」をクリック。

ライセンス条項に「同意する」

下図画面が表示されるので「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して「次へ」

Windows10のメディアが作成されたあと、Windows10のインストールが開始されます。

ライセンス認証の画面が表示されることなく、普通にWindows10へアップグレードできました。

Windows10Proとしてのラインセンスも認証されています。

5.Windows10をクリーンインストールする

Windows8からWindows10へのアップグレード後、Dellの「SupportSupportAssist」ツールとWindowsUpdateで各種ドライバをアップデートしました。

しかし、デバイスマネージャーを確認すると、「プロセッサ」と「オーディオドライバ」に!(ビックリマーク)が付きドライバーエラーとなりました。

オーディオドライバーがエラーなので、パソコンから音が出ません。

エラー内容は「このデバイスのドライバー (サービス) は無効になっています。 代わりのドライバーによりこの機能が提供される可能性があります。 (コード 32)」で、ドライバを入れなおしても改善されません。

おそらく、Windows8から引き継いだドライバが更新できていないのが原因。

この問題を解決するため、Windows10をクリーンインストールします。

このパソコンは、すでにWindows10の認証を得ているのでクリーンインストールしても問題ありません。

Windows10のクリーンインストールする方法は以下のとおりです。

手順は、DELLのOptiPlex 9020でのクリーンインストール手順です。
手順は参考程度で、最終的にはお客様の自己責任で行ってください。

最初に8GB以上のUSBメモリスティックを準備します。

メモリスティックをフォーマットして、パソコンのUSBポートに差します。

再びWindows10ダウンロードサイトにアクセスし「ツールを今すぐダウンロード」をクリック

パソコンにダウンロードされた「MediaCeationTool」をクリック。

下図画面が表示されるので「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して「次へ」

Windows10をクリーンインストールするパソコンの「言語」「エディション」「アーキテクチャ」を選択して「次へ」

「USBフラッシュメモリ」を選択して「次へ」

「USBフラッシュドライブの準備ができました」と表示されたら「完了」

USBメモリスティック以外に、パソコンに刺さっているUSB機器があればすべて外す。

パソコンを再起動して、メーカーのロゴは表示されているときに、「F2」キー(※1)などを押して、パソコン本体のBIOS画面を表示させる。

BIOS画面から、ブート(起動)順番をUSBドライブを最優先にして保存。それから再起動。

※1

・パソコンによりBIOS画面の起動方法は異なります。

・パソコンによっては、BIOS画面ではなく、起動メニューからブート順序を変えることができます。

USBメモリスティックから起動がはじまり、下図画面が表示されるので「今すぐインストール」をクリック

下図画面が表示されるので「次へ」を選択

 

「今すぐインストール」をクリック

「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択

Windows10をクリーンインストールするパーティションをフォーマットしてから「次へ」※2

※2:ドライブ構成はパソコン構成により異なります。

パソコンが再起動しWindows10の初期セットアップ画面が開始されます。

BIOSでUSBメディアでの起動を優先している場合、パソコンが再起動したときにUSBメモリスティックを外す

 

アカウント作成などを済ませると、クリーンインストールされたWindows10が起動します。

続いて、Dellの「SupportSupportAssist」ツールとWindowsUpdateで各種ドライバをアップデート。

すべてのドライバーでエラーがなくなりました。

4年前のパソコンですが、SSDとWindows10によりサクサク動きますので、メインパソコンとして使えます。

6.まとめ

今回は、オークションで中古パソコンを購入するところから、ハードディスクをSSDへ換装。

そして、Windows8をWindows10へアップグレードとWindows10のクリーンインストールまでを行いました。

DELL OptiPlex 9020は4年前に発売されたパソコンですが、WordやExcelを利用した資料作成やブログの作成、ドラゴンスピーチによる音声入力、Photoshopを使った写真加工など、どれもサクサク動いています。

もちろん、現時点で最新のパソコンを買った方が長く使うことができます。

しかし、私のような資料やブログ作成、簡単な写真加工などがメインの場合は、そこまで高性能なパソコンは不要です。

パソコンのハードウェアの性能は毎年向上していますが、4年前のパソコンでも十分にWindows10を使うことができます。

「最新のパソコンは高くて・・・」とあきらめている方は、オークションで安いパソコンを入手してみてはいかがですか?

もし、オークションで購入すること、Windows10へアップグレードすることが不安な方は、当店で購入からWindows10へのアップグレードなどのサポートを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

7.今回おすすめのアイテム

■今なら250GBのSSDが1万円以下で購入できます。

■Cドライブをバックアップするときにあると便利

■簡単にイメージバックアップができます

■Windows10クリーンインストール時にあると便利

このブログ記事が気になった方へ!

ITサポートSORAでは、お客様の「困った」を解決し「やりたい」ことをサポートします。


ブログ記事で紹介したことをはじめ、お客様のお話を聞かせていただうえで、お客様にあったご提案します。


リモートサポートにも対応していますので、出張料無料で全国どこでもリモートサポートします。


詳しくはITサポートメニューをご覧ください。


スポンサー・リンク
















提案型ITサポート
ITのことでお困りではないですか?

「ネットにつながらない」「メールが送信できない」などのパソコン・スマホのトラブル。

パソコンやスマホの便利な使い方からホームページの制作など、お客様のITに関するすべてのことをトータルサポートします。

リモートサポートにも対応していますので、お気軽にお問い合わせください。



心と思考をクリアにしませんか?
心理カウンセリング

1人ひとりがパソコンやスマホを持つようになり、業務の効率化を更に求められ、リアルタイムに届く膨大な情報に追われるようになった情報化時代

あなたは、心にゆとり持てていますか?

職場での人間関係やコミュニケーションの悩み、仕事の進め方や考え方、今抱えている悩みや問題など、お客様が気にかかっていることを、心理カウンセリングでご相談ください。

カウンセリングをとおして、お客様の次につながる1歩を一緒に考えていきます。

KindlePaperwhiteの活用術
KindlePaperwhiteのすすめ

「Kindle Paperwhiteのすすめ」では、当ブログで紹介してきたPaperwhiteで自炊した本を読む方法をはじめ、Paperwhiteハイライト機能を活かした記憶に残る読書術を【100円】で解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人


ネットワークスペシャリストと心理カウンセラーの資格をもち、埼玉県ふじみ野市を中心に提案型ITサポート・HP制作等を行なっております。
ITサポートSORAでは、お客様の「困った!」を解決し、これから「やってみたい!」ことを一人ひとりに寄り添いながらサポートします。