「Kindle for PC」に読み上げ機能が追加されたので試してみました。

みなさんこんにちは。
埼玉県ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。

Amazonの電子書籍サービス『Kindle』

先日、パソコン版のKidleアプリ『Kindle for PC』に「読み上げ機能が追加」されました。

Kindleアプリに読み上げ機能がつけば、読みたい電子書籍を簡単に「オーディオブック化」して、移動中などに聞くことができるようになるのではないか?と期待を込めて試してみました。

Kindle for PCの読み上げ機能

読み上げ機能が追加された、Kindle for PC Ver1.19.2

screenshot_20170203_060912

Kindleメニューから、読み上げたい本を選択

screenshot_20170203_082801

「ツール」→「読み上げ機能を開始」を選択すると、読み上げがはじまります。

screenshot_20170203_060943

下記のページをKindleに読み上げてもらいました。

screenshot_20170203_061241

う~ん、単調なしゃべり方で眠くなりそうですね。

私がオーディオブックを自作するときに使用している「かんたんAITalk」には及びませんでした。「かんたんAITalk」で自作したオーディオブックはこんな感じで読み上げてくれます。

「かんたんAITalk」を使用した、オーディオブックの作り方は、こちらをご参考ください。

さて、話しを『Kindle for PC』に戻します。

現時点で、『Kindle for PC』すべての本に対応しておらず、「読み上げ機能を開始」できない本もあります。

screenshot_20170203_061515

読み上げ機能が追加された、最新の『Kindle for PC』はAmazonのダウンロードサイトからダウンロード可能です。

screenshot_20170203_061326

まとめ

Amazonは本を朗読で聞く「オーディブル」サービスもはじめています。本の販売だけではなく、本の音声化にも力を入れているようですね。

「本を読むもの」から「本を聞くもの」に変えることで、移動中にも本を楽しむことができます。

また、「本を聞いて」から「本を読む」と、本の内容が事前に頭に入っているので、とてもスムーズに読書が可能になります。

今回の『Kindle for PC』の読み上げ機能は、移動中に聞くことができないため、私には「使えない」と思います。しかし、この機能がスマホの「Kindleアプリ」に搭載されたら、移動中に使えるようになるので、機能の価値は高まるのかな?と思います。

今回のオススメアイテム

■自作オーディオブックを作るのに便利なアプリ。話者と話す速度も変えられるので、メリハリのあるオーディオブックが作れます。

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG