108円の漫画を、Kindle Paperwhiteで気兼ねなく楽しむ方法

ふじみ野市でITサポートを行っているSORAの関口です。

先日、ブックオフに立ち寄ったとき108円の漫画コーナーで、読み途中になっていた連載漫画に目がとまりました。

「そういえば、この連載漫画、いつの間にか続きを買わなくなったな~。話の結末はどうなったのだろう・・・108円なら買ってもいいかな・・・」

しかし、家の本棚は既にいっぱいで、新たなに何十冊もの連載漫画を入れるスペースがない。Kindleで電位書籍で漫画を買うと、ほぼ定価で販売されており買う気にはなれない。

そうか!Kindle Paperwhiteに、ブックオフの108円の漫画を自炊して入れることができたなら、場所をとらず、妻の目を気にすることもなく、漫画を楽しめるのでは?と思い、チャレンジしてみました。

今日は、108円で購入した中古漫画をKindle Paperwhiteで楽し方法をご紹介します。

1.目次 –Workflow-

2.必要なものの準備

下記の器材、アプリケーションが必要になりますので、事前に準備・インストールしておきます。

器材

  • 富士通 ScanSnapスキャナ
  • 断裁機
  • カッター
  • Kindle Paperwhite

アプリケーション

  • Calibre(電子書先管理アプリ/フリーソフト)
  • ChainLP(PDF→mobiファイル変換アプリ/フリーソフト)

3.漫画を裁断する

ブックオフで108円で購入してきた漫画。

20161018_Kindle_Review_01

カッターで断裁機に入る厚さまで細分化します。108円の漫画は心置きなく細分化できます。

20161018_Kindle_Review_02

漫画の糊面を断裁機で落とし、漫画を1枚の紙状にします。

20161018_Kindle_Review_03

4.ScanSnapでスキャンしPDFファイルにする

1枚の紙状になった漫画をScanSnapでスキャンします。

20161018_Kindle_Review_04

ちなみに、私は下記の設定で漫画をスキャンしています。

20161017__Kindlereview__01

20161017__Kindlereview__02

スキャン完了後PDFファイルとして保存します。

このPDFファイルをタブレットやスマホにコピーすれば、スマホやタブレットでも漫画が読めるようになります。

20161018_Kindlereview_01

今回はKindle Paperwhiteで読みたいので次に進みます。

5.ChainLPで画像の最適化とmobiファイルに変換する

スキャンした漫画をKindle Paperwhiteで読みやすくするために、フリーソフトのChainLPを使用して画像の最適化とmobiファイルに変換します。

ChainLPのインストール・初期設定手順は”ChainLP 設定 kindle Paperwhite”で検索をすると見つかります。

初期設定を済ませたChainLPにPDFファイルをドロップ&コピーします。

20161015__Kindlereview__01

ChainLPにPDFファイルが読み込まれます。

ChainLPを【入力:arc,出力:Mobi,サイズ:758×1024,綴じ:右綴じ】と設定して、”出力”を選択します。

20161017__Kindlereview__01-2

mobiファイルで出力されます。

6.CalibreでKindle Paperwhiteに転送する

mobiファイルの電子書籍を管理するために、フリーソフトのCalibreを使用して電子書籍の管理とKindle Paperwhiteへの転送を行います。

パソコンとKindle PaperwhiteをUSBで接続をします。

2016-10-17 21.11.29

ChainLPで出力されたmobiファイルを、Calibreにドロップ&コピーします。

20161015__Kindlereview__02

Calibreにmobiファイルが読み込まれますので、そのファイルをKindle Paperwhiteに転送します。

20161017__Kindlereview__01-3

※上記手順で作成した漫画のmobiファイルは1冊約60MB~70MBのデータ容量になります。一方、私が使用しているKindle Paperwhite(4世代)のストレージ容量は3GB。

20161017__Kindlereview__04

よって、Kindle Paperwhiteには約50冊の漫画を入れることができますが、他の本との兼ね合いもありますので、そのとき読みたい本だけをKindle Paperwhiteに入れるようにしています。

7.108円の漫画をKindle Paperwhiteで楽しむ

Kindle Paperwhiteをパソコンから外すと、転送した漫画が表示されます。

紙の漫画と比べても遜色なく漫画を楽しむことができます。

2016-10-17 21.16.33

Kindle Paperwhiteは、周りから何を読んでいるのかわかりませんので、妻や子どもの目を気にすることなく、気兼ねなく漫画を楽しむことができます。

8.まとめ

今回スキャンした、かわぐちかいじ氏の”ジパング”は43巻まで続いた連載漫画です。

この漫画を本棚に入れるには、かなりのスペースと妻の許可が必要です。漫画を裁断してスキャンする行程は少し手間がかかりますが、漫画を108円で購入できること、スペースの問題をクリアできることから、漫画を電子書籍化して楽しむのも新しい漫画の読み方かなと思います。

ブックオフで漫画を買ってきて、まずはサクッと本で漫画を楽しむ。その後、裁断・スキャンしてCalibreでデータを管理。ふたたび読みたくなったら、Kindle Paperwhiteに転送して2度目を楽しむ。私はそんな感じで、懐かしい漫画を楽しんでいます。

9.追伸

amazon_kindle_manga

このBlogをUpした日に、AmazonからKindle Paperwhiteのマンガモデル発売の発表がありました。

マンガモデルの保存容量は32GB。私が使用している4世代モデルより10倍の容量です。1冊60MBの自炊漫画本であれば、533冊入る計算です。その他、ページめくりのパフォーマンスも向上しているようで、これは魅力的な端末になりそうですね。

ただ、ひとつだけ気になる点があります。Kindle Paperwhiteの問題点として、本を選択するメニュー画面がカテゴリー分けできないことです。

現行の仕様では、最近開いた本の順番でメニューが表示されます。この仕様により、漫画やビジネス書などが混在してメニューに表示されます。もし、Kindle Paperwhiteに500冊の入れることが可能になったら、このメニューの仕様では、本を探すのが大変になるのではないでしょうか?

20161018__kindlereview__01

もちろん、”検索”機能を使えば、希望の本を抽出することはできますが、そのために文字入力をするのは面倒です。<<ビジネス書>作者>本のタイトル>>のような感じで、カテゴリー分けで”本を選択できる”ようになれば、更に魅力的な端末になるのではと思います。

10.今回のオススメアイテム

どんな書類も電子化できる優れもの

■本を電子機かするには必須アイテム

■自炊した漫画も読めるKindlePaperwhite

「困った」が「よかった」に変わるまでのITサポート

ITサポートSORAでは、「ネットワークスペシャリスト」国家資格の高い技術力と「心理カウンセラー」のわかりやすいコミュニケーションで、パソコン・スマホ・ネットワークに関するお客様の「困った」が「よかった」に変わるまでトータルサポートします。

お客様のお話を聞かせていただいたあと、適切なITサポートを提案いたします。ご相談・お見積までは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>お客様の「困った」を「よかった」まで

お客様の「困った」を「よかった」まで

情報化時代となり、1人ひとりがパソコンやスマホを持つように。
にもかかわらず、「困っている」利用者視点のITサポートがされていない。
本当に必要なのは、お客様に寄り添ったITサポート。
お客様の「困った」が「よかった」に変わるまで、ネットワークスペシャリストがトータルサポート。相談・見積は無料。

CTR IMG